Harmony 2015年5/6月号
バラエティ自動車ジャーナリスト 小沢コージの

アルファード/ヴェルファイア ここがイイ!

バラエティ自動車ジャーナリストの小沢コージが「アルファード/ヴェルファイア」に試乗。車内の仕様、乗り心地など、氏の語る “ここがイイ!”ポイントとは……。

おそらく日本人にしか作れない高級車

本文を読む

インパクトの強いグリルや、飛行機のファーストクラスを思い起こさせるトップグレード「エグゼクティブラウンジ」にまず目を惹かれる新型「アルファード」と「ヴェルファイア」。

だが、実物を見て感心させられたのは細かな作りだ。たとえば3列目シートは、シートレールがリアエンドまで通っていて、ギリギリまで下げることができ、それでいてリアの床下収納も確保。見るとびっくりするが、レールが宙に浮いた独自構造になっているのだ。

乗り心地のよさにもびっくりで、ボデーのスポット溶接を旧型比で約200カ所増やして剛性を上げただけでなく、リアサスペンションに初めてダブルウィッシュボーンを導入。見事にスペース性と走行性能を両立させている。見た目のインパクト以上に使い勝手に気を配った繊細な出来ばえ。こんな心遣いは、ヨーロッパの某有名ブランドメーカーでもできない。おもてなしの国のエンジニアだからこそできた、「高級」と「実用」の両立なのだ。

アルファード/ヴェルファイアの詳しい情報・お問い合わせは、toyota.jp へ。

おざわ こーじ◎バラエティ自動車ジャーナリスト。
1966年神奈川県横浜市生まれ。大学卒業後、某自動車メーカーに就職するも半年後に退職。「NAVI」編集部を経て、フリーに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。著書に『ドライブ上達読本』『クルマ界のすごい12人』など多数。