ゴルフ情報の収集に余念がないゴルフ大好きライター鶴原弘高が、
同好の士にお薦めせずにはいられないコトやモノをお伝えします。

2016年4月記
ゴルフコラム 第4回

石岡ゴルフ倶楽部

文/写真・鶴原弘高

ゴルフ界で数々の偉業を達成したジャック・ニクラウスは、コース設計家としてもその才能を発揮している。石岡ゴルフ倶楽部も、ニクラウス設計の巧みさを堪能できるゴルフ場だ。

トーナメント開催地としてふさわしい。ニクラウス設計の巧みさを堪能できるフェアなコース。

本文を読む

ゴルフ界で数々の偉業を達成したジャック・ニクラウスは、コース設計家としてもその才能を発揮して大活躍している人物だ。彼が代表を務めているデザイン事務所「ニクラウス・デザイン」がこれまでに手掛けたコースは、世界41カ国、390コース以上にのぼり、そのうちの290コースはニクラウス自身がデザインに参画しているという。日本でも2016年春、千葉県内にニクラウス自身が設計に携わった新設コースが開場する予定になっている。

茨城県にある1994年開場の石岡ゴルフ倶楽部も、ニクラウス自身がデザインしたコースのひとつ。東京都心からアクセスが良くて、ニクラウス設計の巧みさを堪能できるゴルフ場だ。

本文を読む

造営から開場までに10年の歳月を要したという石岡ゴルフ俱楽部は、ニクラウス自身が造りたいと思い描いたコースを、彼が思うままに造り上げたもの。それもそのはず、当時ニクラウスがコース設計を引き受ける際にゴルフ場側に出した条件は、「白地のキャンバスでください」というものだった。それは言い換えれば、「自分の思いどおりに造らせてくれるなら、オレはやるよ!」という意思表示だったのだろう。つまり、彼のコース設計における理念や知識が、ひとつの妥協もなくすべて盛り込まれているのが、この石岡ゴルフ倶楽部だといっていい。開場の際に「私の知りうる限り日本で最高のコースを造った」と、ニクラウスが自画自賛したほどなのだから。

2016年3月、久しぶりにプレーに訪れた石岡ゴルフ倶楽部は、あいにくの曇り空だった。春を前にして木々やブッシュを伐採する時期だったようで、これまでの僕の印象とは異なり、コースはいくぶんオープンに見えた。本来ならば、もっとブッシュが生い茂っていて、それゆえにショットの緊張感が高められる雰囲気なのだが。

本文を読む

石岡ゴルフ倶楽部は、高低差4メートルという平坦な地に造られていて、ブラインドとなるホールがない。ティグラウンドに立つとグリーン方向まで見渡すことができて、コースレイアウトを把握することができる。「右にはバンカーが待ち構えている。左に飛びすぎるとブッシュに入るよね。だから、ここを狙って打ちなさい」。そんなふうにニクラウスが耳元で教えてくれるようなホールが、石岡ゴルフ倶楽部では続く。これが、ニクラウス設計の特徴でもあると僕は思う。

コースのレイアウトを把握し、狙いどころを定めてナイスショットを打てば、パーやバーディーが取れる。ニクラウスの声に耳を澄ませて丁寧にプレーすれば、パーやボギーを取りやすい。ただし、調子が悪いのに無理をして攻めるとトラップに掛かり、簡単にダブルボギーを叩いてしまう。ナイスミスなんていう良い結果は、石岡ゴルフ倶楽部では期待しないほうがいい。でも、それこそがゴルフにおけるフェアであると僕は思う。プレーヤー出身のニクラウスだからこその、フェアな精神に根ざしたコースデザイン。だから僕は、ニクラウス設計のコースに惹かれる。

本文を読む

ちなみに、この日の僕は、ショットの調子が悪いのに無理をして、とても痛い目に遭った。今まで入れたことのないバンカーに入れ、ブッシュからはアンプレアブルして、散々なスコアだった。そういうことなのである。ニクラウスのコースは、本当に僕の期待を裏切らない。

石岡ゴルフ倶楽部は、1999年から8年連続で男子ツアー「アコムインターナショナル」の開催コースとなっていた過去があるが、昨年から新規試合「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」の開催コースとなり、再び名実ともにトーナメントコースとなった。アコーディア・ゴルフに属するゴルフ場のなかでも、ここは「トロフィア・ゴルフ」という特別な称号が与えられている。いつプレーに訪れてもグリーンのコンディションが良くて、練習場の環境も随一だ。

お望みであれば、マスター室に申し入れるとトーナメントで使われる距離の長いブラックティからでもプレーできる。シングルハンデのゴルファーは、チャレンジしてみてはいかがだろう。ツアープロの凄さと、ニクラウス設計の巧みさを存分に感じとれるはずだ。

石岡ゴルフ倶楽部(茨城県)

つるはら ひろたか◎ゴルフライター。1974年、大阪府生まれ。フリーランスのライターとして男性誌などで活動後、30歳のときにゴルフの面白さに気づき、ゴルフ専業のライターに。最新クラブの試打評、ゴルフ場のレビュー記事など多岐にわたる分野で執筆を行っている。HDCPは7。