Harmony 2016年9/10月号
日本ドライブ紀行 奈良県

まほろばの奈良へ

文・大喜多明子 写真・エディ オオムラ

『古事記』にも謳われた美しい奈良の風景は、千数百年を経た今も、その面影を留めている。奈良中心部から修験道の聖地・大峯山を擁する天川村まで、悠久の歴史を刻む世界遺産の奈良へ──。

奈良

「…たたなづく 青垣(あをかき) 山籠れる 倭(やまと)しうるはし」──青々とした垣根のような山々に囲まれた美しい大和。『古事記』に謳われた奈良の風景は千数百年を経た今も、その面影を留めている。奈良中心部から修験道の聖地・大峯山を擁する天川村まで悠久の歴史を刻む世界遺産の奈良をじっくりと巡る。

奈良

日本文化始まりの地にて

本文を読む

奈良の玄関口ともいえる、近鉄奈良駅や奈良県庁のある登大路から東を向くと、芝生でおおわれた若草山の姿が見える。青く広い空と、ゆったりと流れる時間、近くを行く鹿。ここに着いた瞬間から、多くの人が日常とは異なる独特の空気を感じることだろう。

周辺は「奈良公園」と称され、木々や芝生の緑と、貴重な文化財が共存するところ。公園の中に迎え入れられるのだから、特別な落ち着きとのびやかさを見つけるのはごく自然なことだ。加えて公園内の文化遺産に思いを馳せれば、それらを守り継いできた古都の人びとへの、尊敬の念も湧いてくる。

奈良は、710(和銅3)年から784(延暦3)年まで、都がおかれた古都である。74年の間、政治、経済、文化の中心地として栄え、長岡京遷都後も宗教文化を現代に伝えてきた。この時代に創建された東大寺、興福寺、春日大社をはじめ8件の資産は、1998年、「古都奈良の文化財」としてユネスコの世界文化遺産に登録され、世界的にもその価値が認められた。これらの文化遺産は、日本人の信仰と密接に結び付いており、また中国や朝鮮との交流によって日本の文化が発展したことを示すものだ。そして、都に計画的につくられた木造の建築群が自然と一体となって当時の様子を伝える景色は、他にはなく、同じく古都と呼ばれる京都にも残ってはいない。

  • かつての平城宮跡地。平城遷都1300年にあたる2010年、第一次大極殿が復元された。

  • 奈良県庁屋上広場に上れば、若草山から奈良公園、興福寺五重塔など奈良市内の名所が一望できる。

  • 国の天然記念物に指定されている奈良公園の鹿。平城京の時代より神鹿(しんろく)として崇められている。

  • 眼前に興福寺北円堂(国宝)を望むという格別の地に建つ登大路ホテル奈良。

  • 春日山原始林の中にある料理旅館、奈良・春日奥山 月日亭で、四季の情緒あふれる懐石料理を楽しむ。

古代文化の頂点を珠玉の宝物群に見る

本文を読む

そんな奈良をひと際多くの人が訪れるのが秋。お目当ては、奈良国立博物館で開催される「正倉院展」だ。正倉院は、もとは東大寺が築いた高床式の倉庫で、ここには、756(天平勝宝8)年、聖武天皇四十九日忌の際東大寺に奉献された品々を中心に、9000件にのぼる宝物が収蔵されている。すべて非公開で、「正倉院展」は年に一度、その一部を見ることができる貴重な機会なのである。

聖武天皇のお后(きさき)の光明皇后は、天皇遺愛の品々を、その目録『国家珍宝帳』とともに東大寺に納めた。そこには「奉納によって天皇の御霊が大仏の世界に行けますように」との願いも記されていた。宝物は天皇・皇后ゆかりのもの以外にも、東大寺で使われた仏具や、752(天平勝宝4)年の大仏開眼会の折に人びとから献納された品があり、書巻、調度品、楽器、文房具、宝飾品、武具、ガラス製品など、ジャンルは多種多様。それぞれの品には、金工、木工、漆工など、美術工芸の高度な技が使われ、古代人の技術の高さを示すとともに、美意識と技が結集した当時の国のありよう、政治や宗教、外国との交わりも表している。

行列を厭わず博物館に入り、千年の時を超えてきた宝物と向き合えば、見る者のイマジネーションも遥か昔の時代に及ぶ。これらはどこからやって来たのか。正倉院の宝物といえばシルクロードの終着点と思われがちだが、奈良国立博物館学芸部長、内藤栄氏によれば、宝物の9割5分は日本で作られたものだという。

「これらは、8世紀の日本をはじめとする東アジアの文化の結晶なのです」

中国製と推測される繊細で美しい楽器は、音楽とともに優美な装飾を愛でた貴族たちの時間を想像させる。仏前に捧げられた香台など、宗教儀式に用いる美しい道具からは、当時の信仰心の深さも感じ取れる。外国から物や図案を持ち帰り、製作を試みて、日本人は自分たちの文化を開花させた。「模倣というのではなく、吸収があった」と、内藤さん。宝物を眺めれば、奈良が日本文化の原点だということを改めて感じる。

博物館新館の隣には、この春新装されたなら仏像館があり、飛鳥時代から鎌倉時代を中心に、約100体の仏像が常時公開されている。最新のライティングに照らされた仏像もまた、奈良が文化の源であったことを静かに示している。

建築や宝物だけではなく、奈良公園には千年以上も静けさが保たれてきた原生林が存在する。標高498メートル、広さ約250ヘクタール、春日山原始林と呼ばれるその林もまた、世界遺産「古都奈良の文化財」のひとつだ。古来春日山は春日大社の神山として信仰され、841(承和8)年には、狩猟や伐木が禁止されたことからも原始性が守られることとなり、1924(大正13)年には天然記念物に指定された。

遠望しただけでは、どこに神秘の林があるのかわからないが、駅前からもすぐの奈良奥山ドライブウェイに入れば、あっという間にたどり着ける。新若草山コースから原生林を走る奈良奥山コースへ。春日山原始林には、アカガシ、ヤマザクラなど175種類の樹木が生育し、葉の隙間から差す光が道を静かに照らし、豊かな表情を作っている。そのような林の中をドライブするとはなんと贅沢なことだろう。クルマを止めてしばし歩いてみるのも楽しく清々しい。都市の中に、このような世界があることへの驚きは、一方通行の道を抜けた後も余韻として続く。

登大路ホテル奈良

登大路ホテル奈良

興福寺に隣接する全12室のスモール・ラグジュアリー・ホテル。細やかで行き届いたスタッフのホスピタリティも評価が高く、『ミシュランガイド奈良』で最上のくつろぎを表す“4赤パヴィリオン”を5年連続獲得。加えて、季節感あふれる本格フランス料理も見逃せない。「奈良の食材や調味料を積極的に使いますが、フランス料理の背骨は絶対に崩しません」という料理長こだわりの味を堪能したい。

住所:奈良県奈良市登大路町40-1
電話:0742-25-2591
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
奈良・春日奥山 月日亭

奈良・春日奥山 月日亭

かつて神域だった春日山原始林の中に建つ料理旅館。もとは奈良県知事が要人をもてなす集会所として建てられたもので、1916(大正5)年に料理旅館となった。客室数わずか5室、1日3組限定。聖なる林で過ごす体験は、奈良の中でも同館のみの贅沢。また、旬の食材を駆使した四季の情緒あふれる会席料理も楽しみのひとつだ。

住所:奈良県奈良市春日野町158
電話:0742-26-2021
チェックイン:16:00
チェックアウト:10:00