Harmony 2017年11/12月号
日本ドライブ紀行 宮城県仙台

“伊達者”の真髄にふれる
仙台旅

文・石田 治 写真・戸澤直彦

奥州の覇者、伊達政宗が開府・建都した仙台。政宗ゆかりの社寺は桃山文化の粋を色濃く残し、食に一家言あるグルメ武将が根付かせた郷土の味覚もある。とりわけ冬は、“進取の気風”を今にみる催し、「SENDAI光のページェント」も外せない。生誕450年を迎えた今年こそ、伊達者気質を感じに仙台へ。

  • 仙台城跡から、「杜の都」仙台市街を望む。

    仙台城跡から、「杜の都」仙台市街を望む。

  • 約700mのケヤキ並木が続く仙台のシンボルロード、定禅寺通。仙台城の鬼門封じとして建てられた定禅寺(現在は廃寺)の参道が起源といわれる。

    約700mのケヤキ並木が続く仙台のシンボルロード、定禅寺通。仙台城の鬼門封じとして建てられた定禅寺(現在は廃寺)の参道が起源といわれる。

  • 参拝のため拝殿に赴くと、頭上には繊細優美な彫刻と装飾が。

    参拝のため拝殿に赴くと、頭上には繊細優美な彫刻と装飾が。

  • 宿の自慢はなんといっても温泉。「水心鏡」「月宮殿」「梅の粧」と3つの大浴場を備え、古墳時代後期から湧き出ているという名湯を16趣の湯船で楽しめる。写真は「水心鏡」にある満月風呂。

    宿の自慢はなんといっても温泉。「水心鏡」「月宮殿」「梅の粧」と3つの大浴場を備え、古墳時代後期から湧き出ているという名湯を16趣の湯船で楽しめる。写真は「水心鏡」にある満月風呂。


アクセス
仙台市街からホテルニュー水戸屋まではクルマで約30分。結[YUI]ギャラリーまでは約40分。光のページェント期間は市内が混雑するため、近隣の駐車場にクルマを停めて散策するのがおすすめ。訪れる場合は、スタッドレスタイヤなどの冬装備を忘れずに。
Googleマップ


政宗が築いた城下町千代に栄える「杜の都」、仙台

本文を読む

仙台駅から青葉通へ歩き出すと、ケヤキの街路樹が美しいシルエットを並べている。その樹影を見るたび、「ここは仙台なのだ」と強く感じる。そして仙台人が誇りとする「杜の都」という雅称を思い出す。

「杜」という字には、神木、神霊が宿る森、または閉ざすなどの意味がある。外敵や不浄・怪異・邪悪などから境界を閉ざし守ること(守=もり)にも通じるかもしれない。

「杜」のオリジンである藩政時代からの屋敷林は、戦時の大空襲、戦後の都市開発などで一時大きく失われた。しかし、市民は再び街に木を植え、ケヤキ並木は仙台の新しいシンボルとなった。青葉を思う市民の心が「杜の都」を再生させ、街に対する愛情も同時に育んでいる。

かつて「千代(せんだい)」と呼ばれていたこの地が「仙臺(台)」となったのは、1601(慶長6)年、伊達政宗がこの地に新たな城の普請を開始したときに遡る。政宗が国づくりの拠点として選んだ地は、〝仙人が住む理想の高台〟という意味を込めて改名された。

後年、青葉城とも美称される仙台城は、仙台平野西部の丘陵群である青葉山の中腹、標高133メートル、眼下の平地より約60メートル高い地点に築かれた。東に城下町を見下ろし、南には高低差約40~70メートルの竜(たつ)の口渓谷、西と北には幾重もの尾根が連なる。幕府から〝未だ天下人の野心あり〟と警戒されつづけていた政宗は、天守閣のような武威を誇示する施設は造らなかったが、その実、仙台城は、人工は施さずとも地勢という天工で守りを固めた、いわば天然の要害だったのだ。01年に政宗入城。ここに仙台藩62万石の治世と、宮城・仙台の近世がスタートした。

政宗が仙台入府の頃の感慨を詠んだと伝わる一首がある。

——入そめて くにゆたかなる みぎりとや 千代とかぎらじ せんだいのまつ——

千年と限らずとこしえに栄えかし、と末永い繁栄を願い、政宗が開き、築いた街。政宗の〝未来へのメッセージ〟を市民は今に受け止め、仙台は東北随一の都市として賑わいをみせている。

特別展でさらう政宗像ゼネラリスト、その人となり

本文を読む

政宗を知るなら、仙台市博物館へ。

伊達政宗は、1567(永禄10)年、伊達家16代・輝宗の嫡男として現在の山形県米沢市に生まれた。幼少時、疱瘡を患い右目の視力を失うも、その隻眼(せきがん)の異相と戦場での武勇は、のちに「独眼竜」という異名を生む。15歳での初陣以降、華々しい戦果で次々と領土を広げた。34歳のときに関ヶ原の戦いが勃発。江戸幕府開府後は、仙台藩祖として本格的に国づくりを開始した。

政宗は同時代の戦国武将の中でも抜きん出て文化的教養が高かった。豊臣秀吉主催の吉野での観桜会の席では、詠んだ五首が居並ぶ公家達を驚嘆させ、また、漢才にも秀で、茶や能など文化人としての嗜みはすべて心得ていた。さらに達筆かつ健筆家。大名や家臣などに宛てた書状は4000通以上という。博物館では政宗の流麗な筆遣いに魅せられる。

国づくりを進めていた矢先の1611(慶長16)年、藩領沿岸を慶長大震災の大津波が襲った。政宗は、2年後の13(慶長18)年、家臣・支倉常長を大使とする「慶長遣欧使節」をイスパニア(スペイン)、ローマへ送る。「天下人を目指す政宗の最後の野望」と評されることもあるが、一説には、藩領の復旧・復興事業の柱のひとつとし、海外との交流で利益と活力を得て、藩領の再生と発展を目指したとも考えられている。禁教令のあおりを受けてか目的は達成されなかったが、その後政宗は、〝米どころ宮城〟の礎となる新田開発や、北上川改修工事で廻米積出用の石巻港を整備するなど、領国経営を軌道に乗せる手腕をふるった。

美濃の斎藤氏が織田信長に滅ぼされた年に生まれ、3代将軍・家光の時代まで生きた政宗。晩年は戦国武将最後の生き残りとして大名達から尊崇されていたという。36(寛永13)年、江戸で70歳の生涯を閉じたとき、将軍家は、御三家以外では異例の服喪命令を江戸や京の人びとに発した。

仙台市博物館

仙台市博物館

伊達家寄贈の文化財をはじめ、仙台の歴史・文化に関する資料を収蔵。政宗生誕450年の節目となる今年は、関連資料が一堂に会した特別展「伊達政宗—生誕450年記念」を開催中(〜11/27まで)。詳細はHPへ。

住所:宮城県仙台市青葉区川内26
電話:022-225-3074
時間:9:00〜16:45(最終入館は16:15)
定休日:月曜(祝・振休の場合は開館)、祝・振休の翌日(土・日曜・祝の場合は開館)、11/24、11/27は開館
駐車場:50台

新旧仙台名物食〝心配りの人〟政宗の食における一家言

本文を読む

外様大名だった政宗は、将軍家、幕府要人や他大名と良好な関係を築くため、多方面にさまざまな贈り物をした。自慢の品は塩鮭、筋子を詰めたまま塩漬けにした子籠(こごもり)といった鮭加工品だった。無塩の鱈を、わずか2日で江戸に届けさせたという記録も残る。また、おいしい食し方、いわば〝レシピ〟も自らしたためた。政宗の鷹狩り好きは有名だが、川狩りもよくした。自分も川に飛び込んで鮭や鮎を追ったのだろう。

政宗には、食席はコミュニケーションの場であるとの強いこだわりがあった。家臣達との「共食」の座を大事にしたり、晩年には江戸屋敷で2代将軍・秀忠を手ずからの料理でもてなしたりもした。政宗の逸話を集めた『命期集(めいごしゅう)』には「馳走とは旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理してもてなす事」という料理観も残されている。

政宗が進めた新田開発で、江戸には多くの仙台藩領の米が出回ったという。また、のちに品川の仙台藩江戸下屋敷で、国許の御塩噌蔵(おえんそぐら)同様に製造した味噌の余剰分が問屋に払い下げられ、「おいしい」と江戸の庶民の間でも評判となり、下屋敷は〝味噌屋敷〟と呼ばれたという。

「食」は、外交であり友好。そして同じ料理をいただくことで共同体の心をひとつにした。政宗は「食」の意味をひどく大切にしていたのだ。

佐藤麹味噌醤油店

佐藤麹味噌醤油店

1603(慶長8)年、政宗に従い遷った仙台で麹店を始めた老舗。9代目は品川の仙台藩江戸下屋敷に乞われ、味噌の仕込み指導に赴いたとか。昔ながらの伝統仕込みでつくられる仙台味噌「特撰」などを量り売りしてくれる。

住所:宮城県仙台市若林区荒町27
電話:︎022-222-4712
時間:9:00〜19:00
定休日:日曜
味の牛たん 喜助 駅前中央店

味の牛たん 喜助 駅前中央店

1975(昭和50)年創業の牛たん専門店。たれ味をオリジナル開発した発祥店で、現在ではしお、たれの他にみそ味も提供する。看板メニューは、約1cmと厚みのある熟成たん肉を使った「特切り厚焼定食」。柔らかく、ジューシーな味わいがやみつきに。

住所:宮城県仙台市青葉区中央2-1-27 エバーアイ3F
電話:︎022-265-2080
時間:11:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日:元日、不定休
駐車場:2,000円以上ご利用で1時間無料となる提携駐車場あり
カード:TS CUBIC CARD(Visa、MasterCard、JCB)
わのしょく二階

わのしょく二階

ここ数年で注目を集めているのがセリ鍋だ。「わのしょく二階」では、丁寧に土を落としたシャキシャキのセリと蔵王鴨の肉団子が入る(左)。店主・中森さん自慢の海鮮メンチ(右)や、県内産の地酒と一緒に食して、おいしく身体を温めたい。

住所:宮城県仙台市青葉区一番町2-5-15 一番町ビル2F
電話:︎022-224-6040
時間:17:00〜24:00
定休日:不定休
カード:TS CUBIC CARD(Visa、MasterCard、JCB)
村上屋餅店

村上屋餅店

仙台名物“ずんだ餅”の発祥は、1877(明治10)年創業の「村上屋餅店」。伊達家御用菓子司だった同店の「づんだ餅」は、県産餅米「みやこがね」を使った柔らかな餅に、薄皮を丹念にむいてすりつぶしたほんのり甘い枝豆餡がたっぷりとかかる。訪れる人の絶えない人気店だ。

住所:宮城県仙台市青葉区北目町2-38
電話:︎022-222-6687
時間:9:00〜18:00(L.O.17:45)
定休日:不定休

桃山時代の建築美市内に残る桃山の遺構を訪ねて

本文を読む

仙台城の完成後、政宗がまず力を入れたのは伝統ある寺社の再建、造営だ。注目は、その際に桃山文化の建築様式を取り入れた点だ。

桃山文化は、織豊時代、戦国の終焉と天下統一の気運が高まる中に生まれた文化を指す。絢爛にして豪壮、華麗にして荘厳な彫刻や襖絵などを有する建築美術が特徴に挙げられ、戦国大名好みの美であったといえよう。今日、桃山文化の遺構が当時の光輝のまま、これほど数多く残されている街は仙台以外にないそうだ。文化の本流を生んだ京都に長く滞在した政宗の、自身で感じた〝美〟がそこには反映されている。

代表的な遺構は、国宝に指定されている「大崎八幡宮」と松島にある「瑞巌寺」だ。1607(慶長12)年、城下町の総鎮守として造営された大崎八幡宮は、現在の宮城県大崎市付近を所領としていた大崎氏の鎮守を遷したものであり、09(慶長14)年に上棟式が行われた瑞巌寺も、平安時代から続く名刹を伊達家の菩提寺として再建したものだ。ほかにも、9世紀初頭の建立と伝わる松島「五大堂」や、奈良時代創建の「陸奥国分寺薬師堂」再建も手がけている。歴史ある古社寺を流行の様式で復興・創造することは、東北文化の継承者として篤い信仰心が興した政宗流の「ルネサンス」ではなかったか。

政宗は亡くなる直前、城下を散策中、広瀬川畔の経ヶ峯に杖を立て「死後はここに埋葬せよ」と命じた。その経ヶ峯の頂に政宗の廟所「瑞鳳殿」がある。桃山文化の美を尽くしたかつての霊屋は戦災で焼失したが、戦後、その再建に先立って発掘調査が行われた。資料館には復元された容貌像などが展示され、より身近に政宗を感じられる。

市内に残る建築をひとまわりした後は、もうひとつのゆかりの地、松島へと足を延ばすのもいい。

瑞鳳殿

全体に極彩色の彫刻や錺(かざり)金具、文様などが施された壮麗な瑞鳳殿。2代藩主・忠宗の感仙殿、3代藩主・綱宗の善応殿も同様の造りだが、瑞鳳殿が最も豪奢。

瑞鳳殿

政宗が没した翌年、2代藩主・忠宗が創建した政宗の廟所。空襲で焼失するも戦後再建。2001年の大改修工事で創建時の姿が再現された。再建時の発掘調査により出土した副葬品や、政宗の復元容貌像を展示する資料館も必見。政宗は身長159.4cm、B型だったという。

住所:宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
電話:022-262-6250
時間:9:00〜16:30 ※12/1〜1/31は〜16:00(いずれも最終入館)
定休日:12/31(資料館は1/1)
駐車場:30台
大崎八幡宮

大崎八幡宮

政宗の命により3年の歳月をかけて造営された仙台総鎮守。拝殿の長押上には鮮やかな彫刻が組まれ、内部も狩野派による天井画や障壁画で装飾されている。桃山文化を今に伝える最古の建造物として国宝に指定。

住所:宮城県仙台市青葉区八幡4-6-1
電話:022-234-3606
時間:6:00〜18:00閉門
駐車場:約70台

仙台冬の風物詩仙台人の美意識で灯す光のイベント

本文を読む

大気澄み渡る12月、冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が開催される。定禅寺通の160本のケヤキ並木には、約60万個ものLED電球が飾られ、光の海に木々のシルエットが金色に浮かび上がる。

1970年代の冬の仙台は、スパイクタイヤが舞い上げる粉塵でビルも街路樹も汚れていた。「冬の仙台を明るくしよう!」と市民から声が上がり、86(昭和61)年に第1回が開催され、今年で32回目となる。「杜の都を光の都に」との想いから、実行委員会も市民ボランティアが務めている。ページェントとは〝野外劇〟のこと。粒立つ光の下、市民の誰もが主役の野外劇だ。

光のページェントで、市民は、杜の都の伝統の上に新しい光の輝きを重ねた。政宗が磨きつづけた温故知新の精神——伊達の精神(ダンディズム)は、今も仙台人に深く確かに、薫陶を与えつづけているのだろう。

2017SENDAI光のページェント

毎年デザインを変えて登場する国内最大級のシンボルツリー。

2017SENDAI光のページェント

市民の美意識によって1986年から始まったイルミネーションイベント。震災時は電球をすべて失うも、電球を借りるなどして開催し、市民を元気づけた。期間中はアイスリンクも特設される。

期間:2017年12月8日(金)〜31日(日)
時間:17:30〜22:00点灯
※金、土曜、12/24は〜23:00。12/31は〜24:00。
電話:022-261-6515(SENDAI光のページェント実行委員会)

Where to Stay in SENDAIホテルニュー水戸屋

ホテルニュー水戸屋

10畳の清潔感ある和室「紅梅亭」。

ホテルニュー水戸屋

市街からクルマで約30分。仙台の奥座敷と呼ばれる秋保(あきう)温泉は、欽明天皇の皮膚病を癒したことから日本三御湯(みゆ)のひとつに数えられる名湯。政宗も湯浴みを楽しんだというこの地で、1630(寛永年間)年頃、初代山尾兵衛門が湯治場を開いたのが「ホテルニュー水戸屋」の始まり。旬のものを使った美食と湯浴みで、ゆったり寛げる老舗の宿だ。

住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師102
チェックイン:14:30
チェックアウト:11:00
アクセス:東北自動車道・仙台南I.C.より約15分、JR線「仙台駅」よりクルマで約30分、「仙台駅」より送迎あり(無料、要予約)
駐車場:400台
カード:TS CUBIC CARD(Visa、MasterCard、JCB)

いしだ おさむ◎1960年岩手県生まれ。ライター。大阪芸術大学芸術計画学科卒業。雑誌編集者、ユーラシア自転車横断旅行などを経て93年からフリーに。現在は行政刊行物、旅行エッセイ、人物取材を中心に活動中。

とざわ なおひこ◎1971年宮城県生まれ。写真家。美術系大学卒業後スタジオに勤務。2001年よりフリーランスとして活動。雑誌、パンフレット、料理、ポートレートなど幅広い分野で活躍中。

取材協力:仙台市文化観光局

仙台を一緒に旅したいクルマ

アクア Crossover

文・日下部保雄(モータージャーナリスト)

アクア Crossover

アクア Crossover

東北生まれの“復興の星”で駆ける仙台旅

本文を読む

ハイブリッド専用車として徹底的に燃費を追求し、その上、アスリートのような運動能力とも両立した「アクア」。ボディデザインも空力を優先した「アクア」ならではのパッケージだ。それでいて後席の居住性もキチンと確保されている。今年6月のマイナーチェンジを受け、さらに燃費が向上し、ラインナップにSUVタイプの「Crossover」が加わり、一層クルマ選びの幅が広がった。Crossoverはフェンダーアーチモールを備え、全幅が1695ミリから1715ミリとなって、どっしりとした印象だ。車高も1455ミリからルーフモールも合わせて1500ミリと45ミリも高くなっている。最低地上高も30ミリアップしているので、雪道でも腹をすりにくく、悪路にも強い。

「アクア Crossover」で旅するのは、東北の覇者・伊達政宗生誕450年の節目を迎えた仙台だ。「杜の都」と言われるだけに街中でも緑が多く、落ち着きがある。ハイブリッドの静かな走りにも相応しい。仙台城跡の迫力ある石垣を車窓に見て遠い戦国の世を偲び、馬上の威風に満ちた政宗像に想いを馳せる。英雄が眠る瑞鳳殿は、静寂の中に荘厳な雰囲気が漂い、凜とした空気が心地いい。

冬の定禅寺通を彩るイルミネーションイベント、「SENDAI光のページェント」も素晴らしく、目を楽しませてくれる。

賑やかな光の世界から次なる目的地、仙台の奥座敷・秋保(あきう)温泉への夜道は、オートハイビーム付きのヘッドランプが安全に行く先を照らしてくれる。渓谷沿いのワインディングロードでも、ハンドリングの手ごたえはしっかりしていて、コンパクトなボディと低重心による高い安定性でフットワークの良いドライブが楽しめる。また、「アクア」は一部グレードを除いて安全機能「Toyota Safety Sense C」を装備。レーンを外れると警報を発する機能や、条件によって危険を察知した場合の自動ブレーキ機能など、より安全な運転をサポートしてくれる。先行車が発進して気づかなかった時にピッと教えてくれる機能も便利だ。

秋保温泉は「日本三御湯」のひとつで、欽明天皇の皮膚病も癒えたという名湯。お湯と渓谷のマイナスイオンに満たされた後は、「結[YUI]ギャラリー」を訪ねる。結ギャラリーは、宮城県大衡村に本社を構える「トヨタ自動車東日本」が開設した展示施設で、「アクア」は同社の生産車だ。その「アクア」の分解模型がメイン展示され、複雑な機構を簡単に使えるようにした技術に改めて感心する。モニターに表示される知的な燃費ドライブへの挑戦も一層楽しめそうだ。


アクア Crossoverの詳しい情報・お問い合わせはtoyota.jpへ

Harmony 2017年11/12月号より