Harmony 2018年1/2月号
日本ドライブ紀行 長崎県長崎市

世界遺産を想う長崎旅

文・山口由美 写真・飯田裕子

旅に出るきっかけのひとつに世界遺産がある。ならば長崎へ——。2015年7月に世界文化遺産に登録された長崎市の端島(軍艦島)炭坑、そして、2018年の世界文化遺産登録をめざす「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産を訪ねたい。登録前の静かな今こそゆっくりと時を過ごし、一つひとつの来し方行く末に想いを馳せる。

長崎市 端島

軍艦島に残る明治時代の先端技術

本文を読む

2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の数多ある構成資産のなかで、最近、とりわけ人気が高まっているのが「軍艦島」こと、端島にある炭坑だ。三菱が開発した孤島の炭坑跡地なのだが、海に浮かぶシルエットが軍艦に似ていることから、そう呼ばれている。

島が最も活気に溢れたのは戦後の昭和30年代。だが、明治時代には、島を海の荒波から守るため、天川(あまかわ)と呼ばれる赤土と石灰を混ぜたつなぎで砂岩を積み上げて護岸を築き、土地を拡張した。

周囲1.2キロ、東京ドームの1.4個分にも満たない小さな島に最盛期は炭坑関係者とその家族、5000人以上もが住んでいた。

水の供給も限られた狭い環境。しかし、高度経済成長時代、島に暮らす人たちの生活は思いのほか豊かだった。家電製品の普及率も高く、娯楽施設も充実していた。

国内最古の鉄筋コンクリート造のアパートに、当時、国内最高層の巨大小中学校。軍艦のような偉容をかたちづくるのは、ここに国内随一の発展があったことを伝える遺構なのだ。

軍艦島上陸周遊クルーズ

軍艦島上陸周遊クルーズ

今回はやまさ海運のクルーズを利用。往路約30分、上陸時間約60分、復路約60分の計約2時間半。事前予約が必要で、当日の天候次第では欠航になることも。

住所:長崎県長崎市元船町17-3 長崎港ターミナル内1F7番切符売場(やまさ海運)
電話:095-822-5002(8:15〜17:00)

長崎市 「信徒発見」の舞台、大浦天主堂へ

1865年「信徒発見」の舞台にて

本文を読む

2018年の登録をめざす「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のなかで、最も象徴的存在が大浦天主堂かもしれない。

キリシタン禁制がまだ続いていた1865(元治2)年2月、居留地の外国人のため、という名目で献堂。奇跡の出来事がおきたのは約1カ月後の3月17日だった。

フランス人のプチジャン神父は、ひとりの貧しい婦人に「私どもはあなたさまと同じ心にございます」と告げられる。そして彼女は言った。「サンタ・マリアのご像はどこ?」

喜びのあまり駆け寄ったマリア像は、今も祭壇の向かって右脇に佇んでいる。

大浦天主堂は、1597(慶長元)年、秀吉の命により十字架にかけられた26聖人殉教者に捧げられた聖堂だった。その後も迫害は続き、徳川幕府による禁教令が1612(慶長17)年。最後の大きな反乱である島原の乱以降、幕府の取り締まりは一層厳しくなり、日本のキリスト教は消滅したと信じられていた。それだけに250年の空白を経ての「信徒発見」は、驚きと共にヨーロッパに報じられた。

しかし、まだ迫害の悲劇は終わらなかった。発見された信徒の住む浦上では過去何度かキリシタン摘発(崩れ)があったが、幕末から明治にかけての四番崩れが最大だったとされる。日本におけるキリスト教の禁制が解かれたのは1873(明治6)年。禁じられた長い潜伏時代があったこと。それが日本のキリスト教の特異な歴史なのだ。

大浦天主堂

ゴシック様式の教会に多いリブ・ヴォールト天井。別名、コウモリ天井とも。正面祭壇奥の「十字架のキリスト」像をはじめ、側廊や高窓にもステンドグラスが使われ、ゴシック様式の特徴が見てとれる。

大浦天主堂

プチジャン神父の指導のもと、小山秀之進により1864(元治元)年竣工、翌年盛大な落成祝いが行われた。1933年国宝に指定。原爆で被害を受けるも、5年の修復工事を経て、53年に国宝に再指定。

住所:長崎県長崎市南山手町5-3
電話:095-823-2628
時間:8:00〜18:00(受付は17:45まで)
定休日:月曜(祝日・振休の場合は翌日休み)、年末年始
料金:600円(2018/4/1より1,000円)

長崎市のおすすめグルメスポット

本文を読む

訪れる土地ならではの食を味わうのは、旅の大きな楽しみ。山海の恵みによる豊富な食材が揃い、異国情緒溢れる街で、長崎人イチオシの食処を訪ねる。

バラモン食堂

昼限定のお洒落なトルコライスもおすすめ。ミニマルな内装ながら居心地のいい店内。

バラモン食堂

昼は定食屋、夜は居酒屋の店内は、スタイリッシュな照明が目をひく。五島の牛・豚・地鶏、魚介に五島うどん、天草産車海老など、島の“うまかもん”が揃う。

住所:長崎県長崎市万屋町6-29
電話:095-895-8218
時間:11:00〜16:00(L.O.15:30)、18:00〜22:00(L.O.21:30)/金・土〜23:00(L.O.22:30)
定休日:第3月曜、年末年始
料金:昼 1,000円〜 夜 3,000円〜
カード:TS CUBIC CARD(Visa、MasterCard、JCB)
二見

二見

長崎市中心部から「ながさき出島道路」経由で約15分。大小17室ある部屋はすべて橘湾に面し、天気のよい日は海越しに雲仙方面の絶景が。季節に応じて、橘湾で獲れる旬の魚介を用いた活魚調理が人気。

住所:長崎県長崎市茂木町2211-3
電話:095-836-2323
時間:11:30〜22:30(L.O.20:30)
定休日:月曜
駐車場:30台(大型車も利用可)
料金:昼/夜 8,694円(税・サ込み)〜
カード:TS CUBIC CARD(Visa、MasterCard、JCB)
吉宗(よっそう)

吉宗(よっそう)

創業150年余の元祖茶碗蒸し店。10種の具入り茶碗蒸しと蒸寿司が一対で供される「御一人前」が名物。昭和初期の建物、木札を鳴らして来客を告げる下足番も粋。

住所:長崎県長崎市浜町8-9
電話:095-821-0001
時間:11:00〜21:00(L.O.20:00)
定休日:第2火曜、元日
料金:御一人前1,350円(税込み)
カード:TS CUBIC CARD(Visa、MasterCard、JCB)
ステーキハウスおかの

1、3、4階にある客席はカウンター席、半個室などバラエティ豊か。

ステーキハウスおかの

1966年、長崎で初のステーキ専門店として長崎随一の繁華街、思案橋に創業。全国でも最上級にランクされている九州産和牛の極上肉を扱う。その分厚いステーキ肉を、目の前で美味しく焼いて供する創業以来のスタイルを守りつづけている。

住所:長崎県長崎市本石灰町6-8
電話:095-824-3048
時間:12:00〜14:30(L.O.14:00)、17:00〜22:30(L.O.22:00)
定休日:不定休
料金:昼 1,840円(税込み)〜 夜 6,480円(税込み)〜
カード:TS CUBIC CARD(Visa、MasterCard、JCB)

長崎市 外海の出津集落

ド・ロ神父、遠藤周作に導かれて

本文を読む

「信徒発見」をめぐる時代の長崎を描いたのが遠藤周作の小説『女の一生 一部・キクの場合』だ。

彼の作家としての問題意識は、日本人とキリスト教との関わりにあった。その代表作が、2016年、マーティン・スコセッシ監督により映画化もされた『沈黙』である。

江戸時代初め、棄教したと伝えられた神父の消息をたずねて来日したポルトガル人神父の目を通して、弾圧と迫害が続く時代のキリスト教徒の姿が描かれる。

大浦天主堂のある長崎市内から海沿いをクルマで北上すること、約1時間。舞台となったトモギ村のモデルとされる外海(そとめ)地区がある。

長崎はキリスト教徒の割合が高いが、なかでも外海の出津(しつ)集落は突出している。今も人口の約半数がキリスト教徒。禁教時代にも一貫して信仰が根付いていたが、明治維新の年に来日したド・ロ神父の功績も大きい。日本人で過去に5人しかいないカトリックの要職である枢機卿のうち、2人が出津集落の出身というから驚かされる。

マルク・マリー・ド・ロ神父。フランス、ノルマンディの出身で、裕福な貴族の家に生まれ、莫大な資金を携えて来日。それをおしげもなく貧しい人びとの生活向上につぎ込んだ。教会ばかりでなく、若い女性たちを集め、マカロニやそうめんの製造、織物や洋裁を教える救助院を設立。医療から建築まで、あらゆることに通じていた「ド・ロさま」の存在感は今も大きい。

出津教会堂

出津教会堂

ド・ロ神父が私財を投じて設計・施工し、1882(明治15)年に完成した教会。海からの強風を考慮し、天井高のゴシック建築とは異なり、堅牢性を重視した屋根の低い構造が特徴。

住所:長崎県長崎市西出津町2633
電話:095-823-7650(長崎の教会群インフォメーションセンター)
時間:9:00〜17:00
※教会見学は施設名のリンクから事前予約を。
遠藤周作文学館

遠藤周作文学館

遠藤周作は小説『沈黙』に登場する村のモデル、外海地区を度々訪れ、「心の故郷」と呼び、愛したという。その小説世界へ誘うかのような絶好のロケーションにある文学館。

住所:長崎県長崎市東出津町77
電話:0959-37-6011
時間:9:00〜17:00(入館受付は16:30まで)
定休日:12/29〜1/3
駐車場:6台
料金:一般 360円 小・中・高校生 200円
ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート

広々としたロイヤルテラスのハーバースイート(50.05m²)。ジェットバスでゆったりくつろぎながら望む夜景は格別だ。

ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート

世界的な建築家、隈研吾設計により2009年に開業したシティリゾートホテル。グランドテラス、センターテラス、ロイヤルテラスの3棟からなり、客室数36室、5つのレストラン・バーが備わる。すべての客室がゆったり空間のオーシャンビュー。長崎の食材を駆使した各レストランの料理も忘れがたい。

住所:長崎県長崎市秋月町2-3
電話:095-864-7777
チェックイン:16:00
チェックアウト:12:00
駐車場:150台
カード:TS CUBIC CARD(Visa、MasterCard、JCB)
長崎の夜景が最も美しく見渡せる稲佐山。その中腹にあるホテルのプール越しに夜景を愛でる。

長崎の夜景が最も美しく見渡せる稲佐山。その中腹にあるホテルのプール越しに夜景を愛でる。