Harmony DIGITAL

Apple New ReleaseiPhone SE3に秘められた
アップルの高収益の理由
Text:Takuta Murakami

Lifestyle

2022年3月9日(日本時間)、Appleの発表会で、iPhone SE(第3世代・以下、SE3)、iPhone 13シリーズの新色、iPad Air(第5世代・以下iPad Air 5)、Mac Studio、Studio Displayがお披露目されました。ファンが気になるこれらの新作について、デジタルガジェットのウェブ専門誌『flick!』編集長の村上琢太さんが解説します。

一番売れるiPhone SEシリーズに注目

今回の発表の中では、地味かもしれませんがもっとも多く販売される製品がiPhone SE3です。実際に我々が執筆する記事でも、iPhone SEの記事が一番読まれています。なにしろ、現在のアップルの端末の中で、一番売れるのがこのiPhone SEシリーズなのです。

ここには大きなビジネスのヒントがあります。

超高性能はM1チップを積んだMacではなく、最新のカメラをたくさん搭載したiPhone 13シリーズでもなく、一番売れているのはiPhone SEシリーズなのです。そして、Appleはここで大きな収益を上げられる仕組みを構築しています。

ホームボタンがあるから安心という人は少なくない

読者の皆さまは、最新のiPhoneまたは、Androidをお使いでしょうか? 最新のスマートフォンは毎年革新的な機能を搭載して進化を続けていますが、進化のスピードが速すぎて多くの人がついて行けなくなってきています。iPhoneにしろAndroidにしろ、ハイスペックなモデルは20万円近くの高額商品になっていて、毎年買い替えるには高価すぎるという状況です。

それに対して、スマートフォンは老若男女ほぼ100%の人が使う商品になっていて、最新鋭のハイスペックモデルに興味などないという人が増えてきています。筆者の両親もまさにそうで、最新モデルである必要などはなく、できれば安価なものを買いたいと思っています。

iPhoneにSEシリーズが登場するまでは、安価なスマートフォンといえばAndroidを選ぶしかありませんでした。しかし、安価なAndroidは現行機種というには性能が厳しすぎるケースも多く、端末選びも難しいという状況です。

旧型のボディに最新(もしくはひとつ遅れぐらい)のチップセットを搭載したiPhone SEなら、誰もが使い方を知っているiPhoneですし、チップセットの性能は十分だから、安心して使えます。

iPhone X以降のオールスクリーンタイプのiPhoneは美しいが、高齢者の方などはホーム画面に戻るための『画面外からのフリックアップ』という操作がどうにも難しいようです。その点『ホームボタンを押しさえすれば、ホーム画面に戻れる』というホームボタンのあるiPhoneの操作体系は、高齢者の方にとっても安心感が大きいのです。

古いボディに新しいスペック

新しく発売されたiPhone SEのボディは、おおまかに言えば2014年に発売されたiPhone 6と同様ものを踏襲しています。厳密にいっても2017年発売のiPhone 8とほぼ同じ(Appleマークの位置が違うぐらい)で、市場に出ている大量のiPhoneケースも共通して使用することができます。もちろん、生産設備も長年使ってるものなので、低コストで作ることができます。

にもかかわらず、頭脳であるチップセットは最新のiPhone 13シリーズと同じなのです。高度なニューラルエンジン(いわゆるAI専用の回路)を使った画像認識や音声認識の仕組みも利用可能です。

クルマでいえば、4年半前の車のボディに最新鋭のハイパフォーマンスエンジンが載っているような状態です。こんなことが可能なのは、クルマのエンジン違って、チップセットが大量に作れば作るほどコストが下がるという性質ゆえで、旧型を搭載すれば安いというものではないからです。またA15 Bionicを大量に作れば作るほど、最新鋭のiPhone 13シリーズのコストが下がっていくというメリットもあります。全体で考えた時に、SE3にA15 Bionicを搭載した方が収益が上がる構造になっているのです。

市場全体に最新OSを使ってもらいたい思い

前述のように、iPhone SE3を買う層のユーザーは毎年最新モデルを購入するわけではありません。2年はもちろん、できれば4年でも5年でも同じスマートフォンを使いたいという人が多いのでしょう。

しかし、iPhone全体はiOSという共通のOS上で動作していて、新機能をカバーし、セキュリティ上の安全性を確保するために、日々アップデートする必要があります。しかも、全体のコストを下げるためには、すべて共通のOSである必要があります。

Androidの場合、12.x、11.x、10.xと3世代を全部足しても75%ぐらいで、残りの25%はさらにいろいろなバージョンのOSを使っている……と非常に複雑な状態になっているのです。さらに、デバイスは何百、何千という種類があり、特定のサービスやアプリを提供しようとしても、どのバージョンのOSに対応すれば良いのかわからないし、テスト工程も複雑になります。

iPhoneの場合は発表されてから半年もしないうちに最新OSのシェアは75%を越え、9カ月ほどで90%を越えるのが通例なので、エンジニアは最新OSにさえ注意を払っていればいいというわけです。これは周囲でサービスを提供する人にとっては大きな違いです。

そして、最下位モデルのiPhone SEにさえ最新のチップセットが搭載されていれば、OSはそのモデルにできるだけ長い間対応してればよく、現に最新のiOS 15は、7年前に発表されたA9チップに対応することで、iPhone 6s、SE(第1世代)にまで対応しています。

簡単にいえば、たとえ最新機能に興味がない人でも、最新チップが載ったiPhone SE3を購入しておくことで、長い間最新OSにアップデートして使えるというわけです。これは、スマートフォンに深い興味がない人にとっては大きなメリットだと思います。

チップセット以外の変更点は?

チップセットに最新鋭のA15 Bionicを搭載するのは、他にも多くのメリットをもたらします。まず、すべての処理が速くなり、音声認識、画像認識が可能になり、コンピューテーショナルフォトグラフィへの対応度合いが増し、ディープフュージョンや、スマートHDR4、フォトグラフスタイル……などの高度なチップセットの処理能力を必要とする機能に対応しています。

単純にいえば、カメラユニットの性能は変わらないのに、演算部分が変わることで写真がきれいに写るというわけです。

また、最新の5GやWi-Fi 6にも対応することで、通信速度が速くなります。

さらに、目立たない変更点ですが、前後面のガラス素材がiPhone 13シリーズと共通になっています。表面コーティングこそセラミックシールドはiPhone 13シリーズだけの特徴となっていますが、割れにくさが大幅に増しています。

また、ユーザー層の違いということがあるかもしれませんが、筆者の身の回りで、iPhone 12、13シリーズでガラス面が割れたという人は見た事がありません。実際に最新のiPhoneのガラスはかなり割れにくくなっているようです。iPhone SE3のような一般的なユーザーが使うスマートフォンとなれば、かなりメリットが大きいに違いありません。

利用者が多いがゆえにメリットが大きい変更

今回の発表は、iPad AirもMac Studioも外見上は地味ですが、実際の性能は凄まじく高い、実際のメリット重視のモデルチェンジとなっています。iPhone SE3の変更はその最たるものですが、多くの人が使うという点において、非常にメリットが大きいといえます。

Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS3に認証後、Harmonyデジタルブックのリンクまたはバナーをクリックください。

※バナーイメージ

2022 Summer

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。