Harmony DIGITAL

【ルールクイズ】新ルールの死角!? 抜いた旗竿を元に戻したらボールが当たってカップイン! これってどうなるの?

Lifestyle

新ルールではピンを差したままパットを打ってもOKになったが、ピンを抜くことを選択した。しかし打ったボールがオーバーしそうだったので、同伴者が抜いたピンを差し直して防いだところ、これに当たってカップイン! この場合って、どうなるの?

「ピンは抜いてもらえる?」「はーい!」

距離のあるパーパット。ピンが気になるので、同伴者に抜いてもらうようお願いしたところ、「了解~!」の返事が返ってきた。

カツーーン! 「いっけない、強すぎたかも?」

「ここはちょっと強気に打っておきたいわよね。それっ!」カッツーーーーン! 「わ、いけない! 強すぎてしまったかも?」

「このままじゃ、オーバーしちゃう! えいっ!」

「あ~ん、やっぱりこのままじゃオーバーしちゃうかも!」すると同伴者が、「いいこと考えた! 私に任せてよ」と一度抜いたピンを差し戻してしまった。「え? なにしているの?」

コロコロ……ガシャン! 「やったー、入ったわよ!」「いや、ダメでしょ!」

戻した旗竿にボールが当たったらどうなる?

新ルールではピンを差したまま打ってもOKになったが、ピンを抜くことを選択した。ところが打ったボールがオーバーしそうだったため、同伴者がとっさに抜いたピンを差し直した。するとボールが勢いよくピンにあたってカップイン! さてこの場合、どうなるの?

正解は、『打った本人は無罰で元の位置にリプレース』。動いている球の方向を故意に変えた場合、プレーヤーは2打の罰を受ける(規則11-2a)。同伴者のこの行為も、旗竿によって故意に球の方向を変えたとみなされるため、2打罰になる。また、グリーン上で球の方向を変えられた場合、そのストロークはカウントせず、球を元の位置にリプレースする(規則11-2c)。

週刊ゴルフダイジェスト2/12号「こんなときどうなる?ゴルルと新ルール」より(監修・小山混、撮影・姉崎正)

出典

みんなのゴルフダイジェスト(https://www.golfdigest-minna.jp/)

2021 Summer

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。