Harmony DIGITAL

心に余裕を持たせるには「何事もていねいにすること」がカギ! 次のラウンドから実践できるメンタル術をプロキャディに教えてもらった

Lifestyle

ゴルフはメンタルでスコアが左右されるスポーツで、それはアマチュアゴルファーにも当てはまることだ。プレー中にメンタルを少しでもコントロールするためにはどうするべきか? プロキャディ・伊能恵子がすぐに実践できるメンタル術を伝授。

ゴルフはメンタルのスポーツですから、たったひとつのミスでも心は揺さぶられてしまうもの。そんななか、心に余裕を持たせるには、自分の精神状態をコントロールする必要がありますが「コントロールしろ!」と言われてできるものではありません(笑)。

心に余裕がなくなると、小さなことでも心が揺さぶられてしまいます。ですから私は「心の余裕をなくす原因」を回避するため「何事もていねいにすること」を心がけてみるのがいいと思います!

たとえばそれは、クラブ選択でもいえること。クラブ1本だけを持って2打目地点まで向かうアマチュアゴルファーは何度も見かけますが、心に余裕が持てなくなるきっかけになりやすいと私は思います。というのも2打目地点について、いざ打とうとすると「ディボッド跡」「アゲンスト」「難しいライ」「意外と距離が残っていた」というようにさまざまな問題が発生している可能性がありますから。

「何事もていねいにする」それだけで心の余裕は変わってくるはずだ

そして「意外と距離が残っていた」という場合、クラブが1本だけしかないと“不安”になり、無意識に自分自身にプレッシャーをかけてしまい、それがミスの原因になる可能性が高くなります。たった1度のミスをきっかけにスコアは崩れてしまう危険性がありますし、3本ほど打つ可能性のあるクラブを持っていくのがいいかな、と私は思います!

またティーショットで林へ打ち込んでしまうなどのミスが続くと、「ミスした」ことで頭がいっぱいになり、だんだん余裕はなくなっていきますよね。とくにアベレージゴルファーはその傾向にあると思うので「方向だけはていねいに確認する」というように1点だけ“ていねいにするポイント”を決めておくことがオススメです。

もちろん私たちは人間ですから余裕がなくなることもあるはずです。だけど、「気持ちの余裕をなくす原因」をできるだけ回避するため「何事もていねいにすることを心がける」というように対策をとっておくことで防げるミスもあると私は思うんです。

これは技術ではなくメンタルのコントロールするためのひとつの方法ですから、次のラウンドで試してみてはいかがでしょうか? とはいえ、“ていねい”と“ゆっくり”はまったく異なりますから、スロープレーにならないように気をつけてくださいね!

出典

みんなのゴルフダイジェスト(https://www.golfdigest-minna.jp/)

2022 Spring

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。