Harmony DIGITAL

バックスピンを減らして飛ぶ弾道に!「SIM2 MAX」をシャフトチューニング【飛ばすならこの組み合わせ】

Lifestyle

全国からクラブチューニングについて問い合わせが殺到する「ゴルフステージ成城」。クラブナビゲーターの吉田朋広氏にシャフトチューニングを教えてもらった。取り上げるのはプロ・アスリートゴルファーから支持されているSIM2シリーズ、「SIM2 MAX」のシャフトマッチング!

2021年発売の「SIM2」シリーズでもっとも販売数量が多いモデルで、すでにお使いの方も多くいらっしゃると思います。

今回はプロ・アスリートゴルファー並みのヘッドスピードやスウィングスキルをおもちでアスリートモデルのシャフトに換えて、すでに飛距離と方向性に満足行く結果の出ている方ではなく、「SIM2 MAX」をお使いでもう少し飛距離アップを実現したいというアマチュアゴルファーにマッチするシャフトを紹介します。

スライス回転を減らせば当然飛距離アップは可能ですが、スライサーでもボールをしっかり捕まえたいシャフトマッチングではなく、アスリート志向のアスリート志向の方が求める「SIM2 MAX」で飛距離アップを実現するポイントは「ほどよいつかまり」と「バックスピン量の低減」。これで飛距離アップを可能にするシャフトマッチングを探ります。

2021年、もっとも売れたドライバーのひとつ「SIM2 MAX」

「SIM2 MAX」のヘッド自体は極端なロースピンヘッドではありませんのでプレーヤーに合わせて、さまざまなシャフトとのマッチングが可能ですが、「SIM2 MAX」で飛距離ロスをされている方は「ややスライス回転が多め」の傾向があります。

王道アスリートシャフトで飛距離アップ。三菱ケミカル「ディアマナZF」

ディアマナシリーズはプロ・アスリートモデルの王道で、アスリートモデルのイメージが強く、シャフトマッチングで飛距離アップを狙うゴルファーの中には敬遠する方もいらっしゃると思いますが、ディアマナシリーズの中でも「ZF」は、いちばんスピード感を感じやすいイメージです。

「ZF シリーズ」の中元調子のキックポイントはダウンスウィング時に切り返しのタイミングが取りやすく、理想的なシャフトプレーンでインパクトに向けて加速させることが可能です。インパクトでの安定感は流石「ディアマナ」、完成度の高さを感じます。再現性が高く、ぶ厚く当たるインパクトはフェース面でボールをしっかりとらえることでバックスピン量が安定します。

ディアマナシリーズの中で「ZF」は切り返しのタイミングが取りやすい

「ZF シリーズ」はZF40・50・60・70・80と5つの重量と細分化されたフレックス展開されたモデルです。

いわゆる「走り系」シャフトでなくても最適重量と最適フレックスを選ぶことでシャフト先端部がしっかり動き、フェース面が上を向くことなく飛球線方向にヘッドが動いてボールを捕らえます。その結果バックスピン量が減り、飛距離アップを可能にします。

純正シャフトからのリシャフトでオススメスペックは気持ちいい振り抜きが可能な「ZF50S」と「ZF50SR」 。少し重量があったほうがトップの位置から切り返ししやすいタイプの方にはシャフトのしなりが絶妙な「ZF60SR」。ヘッドスピードが落ちてきたシニアアスリートゴルファーの方には軽量でもインパクトで当たり負けのない「ZF40R」を中心に試して頂きたいと思います。

ブレない直進性能が際立つシャフトで飛距離アップ。FSP「MX9」

続いてオススメしたいシャフトメーカーが「FSP」。あまり聞き馴染みがない方も多くいらっしゃると思います。一本一本を拘りの工程で究極の品質のシャフトをハンドメイドで作りあげるOEMシャフトを多く手掛けているシャフトメーカーが「FSP」です。

なかでも「MX9」は2020年に発売された「FSP」社のフラッグシップモデル。5軸組布をフルレングスに使用し、手元部を4軸組布構造とした5+4軸の9軸設計のシャフトです。

剛性と反発性能を高めた「MX9」は「SIM2 MAX」で飛距離アップを狙う方にオススメしたいマッチングです。シャフト全体にシャープさがある「MX9」は50グラム後半のシャフト重量ながら実際に多くの方がスウィングスピードが速くなります。

テーラーメード社のSIMは「SHAPE IN MOTION」の頭文字からネーミングされています。空力抵抗を可能な限り減らすコンセプトで設計されたヘッド形状の「SIM2 MAX」は「MX9」とのマッチングの相乗効果でさらにスピード感のある振り抜きをゴルファーにもたらしてくれます。

FSP「MX9」とのマッチングでスピード感がある振り抜きに

スピード感のあるシャフト挙動ではインパクト時の打点のバラツキが心配になりますが、シャフト先端部に使用している素材と設計は「たわみ」や「つぶれ」が少なく、ボールをしっかり捕らえ、効率よくヘッドにシャフトエネルギーを伝えることができ、復元力も速いため、ボールスピードが速くてブレの少ない直進性能の高いボールが打ち出せます。実際にコースでの飛距離アップにはボールスピードの数値も重要ですが、ランを含めたトータル飛距離がもっとも重要になります。

その際に注目しなければいけないのがボールの落下角度です。ボールのバックスピン量が多めの弾道、いわゆる「吹け上がり」があると落下角度がゆるやかではなくなり、ランが少なく、飛距離が出ない弾道の典型的な例になります。

「SIM2 MAX」と「MX9」のマッチングは初速だけでなく、落ち際まで力強い弾道を実現する事で落下角度がゆるやかになることで、コースでの飛距離アップを体感して頂けると思います。

オススメスペックはシャフトフレックスSR。このシャフトパフォーマンスを体感して頂くのにズバリ45・75インチで試して頂きたいと思います。

9軸組布構造の高い手元剛性のシャフトですので余程のハードヒッターでなければフレックスはまずはSRでお試し下さい。アスリート志向のプレーヤーが「SIM2 MAX」でのパワーフェードボールも実現できるマッチングです。フレックスから想像するよりも驚きのパフォーマンスを体感できるシャフトですよ。

出典

みんなのゴルフダイジェスト(https://www.golfdigest-minna.jp/)

2022 Summer

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。