Harmony DIGITAL

林に打ち込んでしまったら「100%成功する打ち方」で脱出!【初心者を脱したゴルファーが『100』を切るためのレッスン】

Lifestyle

ゴルフには“スコアの壁”がつきもの。ビギナーを脱したアマチュアゴルファーに立ちはだかるのがスコア100の壁だ。これを乗り越え「100切り」を達成するにはどうすればいいか? プロゴルファー・兼濱開人が状況別に解説。今回は「ティーショットで林に入れてしまった際の、2打目のマネジメント」について教えてもらおう。

100切り達成のためにはドライバーでのティーショットでフェアウェイを捉えるのがベストだが、どうしてもミスショットが起きてしまうこともある。もしティーショットを曲げてしまい、OBは回避したものの林に入ってしまったとき、2打目の脱出で気を付けるべき点とは何なのだろうか。

兼濱曰く林に入った時点で「実質1ペナ、むしろロストしなくてよかったなという状態」とのこと。やはり最優先は「脱出」だ。

ティーショットを林に入れてしまった! 2打目を打つ際に気を付けるべきことは?

「そもそも林に入っている時点で、フェアウェイに対して鋭角にしか攻められないはずなんです。なので、なるべく前に飛ばそうと考えてしまうと、脱出して距離を出せたとしても逆サイドのラフなどの難しいシチュエーションから次のショットを打たなければならなくなることが多いんですよね」(兼濱、以下同)

したがって脱出に関しても「100%成功する、と自分で思えるところを狙ってください」と兼濱。

「もちろん真横に出していくのがもっともセーフティですが、100切りを目指すゴルファーならある程度ゴルフにも慣れてきたはず。斜めに出して少しでもグリーンに近づけたり、より次のショットが打ちやすい地点を狙っていくのもアリです。とはいえ、それもあくまで『自分で100%成功できる』と思える範囲内で、と覚えておいてください」

このセーフティなマネジメントは「長期的に見ても大切ですよ」という。

「飛距離を出しつつ脱出を狙う方もいますが、もし成功したとしても、同時に失敗のリスクもあったはずです。こういった、たまたま起こった成功体験が根強く残ってしまうと、それが習慣になって次に似たような状況になったときにも無茶するようになってしまうんです。結局マネジメントはこういった成功体験の積み重ねで生まれていくものですから、長期的に上手くなるためには『林から長いショットを打てた』という成功体験よりも、『林に入ってもセーフティに1打使って脱出して、結果ボギーに収められた』という経験のほうが価値が高いですね」

セーフティに林から脱出してボギーで上がれた、という経験を積み重ねていけば、また林に入れてしまったときでも「『真横に出すだけでもボギー、最悪でもダボ』という認識が持てるようになります。するとそもそも林に入れないために『このホールではドライバーを持たなくていいな』というように、ティーショットでのマネジメントも身についてきますよ」と兼濱。

もちろん「残り1、2ホールで、100切り達成が林からの脱出する1打の飛距離にかかっているという状況なら、勝負するのもアリ」だと兼濱は言うが、やはり基本的にはセーフティな選択がベター。「無理しないマネジメントをある程度習慣づけたほうが将来的なスコアは絶対少なくなるはずですし、自分のスキルがレベルアップしていくにつれて、『100%脱出できる』と思える範囲も広がっていくので、成長が実感しやすいですよ」とのことだ。

出典

みんなのゴルフダイジェスト(https://www.golfdigest-minna.jp/)

2022 Spring

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。