Harmony DIGITAL

速く振れて飛距離がアップする?クラブナビゲーターが注目する40グラム台のシャフト【Part1・2】

Lifestyle

重めのシャフトがだんだん振れなくなってきたという人にピッタリなのはシャフトの軽量化。でも、軽すぎると物足りないように感じるのだが。ゴルフステージ成城のクラブナビゲーター・吉田朋広に軽くても頼りにくくないモデルを教えてもらった。

クラブナビゲーターが注目する40グラム台のシャフト【Part1】

2022マスターズトーナメントも直前に控えいよいよゴルフシーズンの到来といった雰囲気になってきました。日本ではゴルファーの平均年齢も上がりシャフトフィッティングでも振りやすいシャフトへ交換する方が多くなっています。とくに近年各シャフトメーカーが積極的に新製品を投入してきて注目度が高くなってきている軽量シャフト、その中でも40グラム台のシャフトを2回に分けて検証していきたいと思います。今回はアスリートゴルファーが重めのシャフトから移行しても使える3機種を選びました。

今回は40g台のシャフト研究。写真上が「ディアマナPD」下が「ツアーAD UB」

「三菱ケミカル ディアマナPD 40」

中元調子系のアスリートゴルファー向けシャフトです。フレックスは「X・S・SR・R・R2」と充実した5フレックス展開、メーカーの力の入れようが伝わりますね。

アスリートゴルファー向けですが、40gとなると60g、70gほどハードな印象もなく、手元側でタイミングを取るタイプのゴルファーがシャフトを軽くした場合に使いやすく感じるシャフトに仕上がっています。 このシャフトの特徴は「切り返しのタイミングの取りやすさ」。極端にいうと40グラム台を打ったあとに60グラム台のモデルを打っても同じ。その逆でも同じ!異なる重量帯でも振り感に違いないように設計されており、メーカーの拘りを感じます。

左を気にせずに振っていけ、強めのインパクトでも打点もバラツキにくく、バックスピン量も少なめ、ボールの吹け上がりのない安定した弾道を打つ事が可能です。フレックス選びですが、マッチングさせるヘッドとの相性もありますが、最初に試して頂きたいのはSR。慣性モーメントの大きいドライバーヘッドと相性がいいように設計されたシャフトですので、海外メーカーのドライバーヘッドと相性がいいですね。

「グラファイトデザイン ツアーADUB 4」

名シャフト「DI」を現代版に改良したシャフトと言われています。確かにクセのないスムーズな振りやすさを感じます。手元側から先端部にかけて徐々に硬く設計されているのがそう感じさせてくれるのでしょう。 とはいえ、やはり設計はアスリート系シャフト。先端剛性の強さに「ツアーAD」らしさを感じる事ができます。インパクトは軽量シャフトながら厚く、バックスピン量も少なめです。

シャフトが「勝手に仕事をして飛ぶ」というよりもプレーヤーが「振った分だけ飛ぶ」シャフトに仕上がっています。フェードボールが打ちやすいのはもちろん、ボールのつかまり過ぎを抑えた設計ですので、ドローボールを打っても左へつかまりすぎることはありません。

長年「ツアーAD」のシャフトをお使いの方がシャフトを軽量化するのにぴったりといえるでしょう。フレックス選びですが、多少硬く感じるかもしれませんがフレックスSをオススメします。

「ネクストゴルフSHINOGI SP-40」

このシャフトを知っている方は相当なギアマニア。シャフトに詳しい方でも知らない方が多い「知る人ぞ知る」ハイパフォーマンスシャフトです。シニアアスリートゴルファーをターゲットにして設計された「S・R・R2」の3フレックス展開です

特長はズバリ「軽量ながら重厚」。40グラム台のシャフトですが、50グラム台のシャフトに近い重厚な打感が印象的なシャフトです。

手元側には4軸組布を採用し、切り返し時の潰れによる頼りなさを防いでいます。シャフトの挙動はほかのシャフトにないフィーリング。インパクト付近でシャフト先端部の動きが少なく、フェースでボールを押し込むイメージですね。ヘッド挙動は安定しますのでアスリートゴルファーが求める厚いインパクトを実現します。フェードやドローといったボールが打ちやすいのも魅力です。バックスピン量も抑えられるので飛距離アップにつながるでしょう。いちばん試して頂きたいフレックスはS。振動数は約235CPMです。ヘッドスピードに関係なくこのフレックスだけで幅広いゴルファーをカバーします。

知る人ぞ知る「ネクストゴルフSHINOGI SP-40」。ボールを押し込むような打感がいい

クラブナビゲーターが注目する40グラム台のシャフト【Part2】

PART2ではヘッドスピードが落ちてきたシニアの方やドライバーが振りきれていないアベレージゴルファーにもオススメできる使いやすくパフォーマンスに優れた40グラム台のシャフトを3機種選びました。

新感覚先調子シャフト! UST マミヤ「アッタスKING」

第一印象はとにかく振りやすいシャフトです。今回は40グラム台というのもありますが、切り返しでもスムーズで滑らかなシャフト挙動がいいですね。そして自然にボールがつかまります。一般的につかまりのよい先調子系に分類されるシャフトは手元側の剛性を高くして、先端部の剛性を弱くすることで、先端部を動かすものが多いです。「アッタスKING」の場合は先端部の走りは、さほど感じないのですが、不思議とフェースが返り、ボールをしっかりつかまえてくれるような動きをします。先調子シャフトのイメージ概念を変えてくれる「新感覚先調子シャフト」と言ってもいいのではないでしょうか?

ハードなイメージがなく、自然にしなり、アマチュアゴルファーがシャフトに求める要素を満たしています。先端部には高強度素材を使用して大型ヘッドに装着しても押し負けない強さももっており、インパクトエリアでフェース面をボールに押し込んでつかまえて飛ばせるシャフトです。スピン量はシャフトの設計がロースピンというのではなく、つかまったドロー回転のボールが出るので結果としてバックスピン量が抑えられるイメージです。とくにボールをうまくとらえる事が苦手で飛距離をロスしているスライサーの方に試してもらいたいシャフトですね。

オススメフレックスですが、スウィングテンポによって感じ方に違いがありますが「SR」を基準に選ぶのがいいでしょう。硬さ「X」を長めに組んで使うのは面白い結果が出るかもしれません。

「SR」で振動数約226CPM。このスペックをまずは打ってみてほしいと吉田氏

切り返しで力む人はフジクラ「DIAMONDスピーダー」

登録店舗専用商品の「ジュエルライン」シリーズのシャフトとして発売されたのが2017年。いまでもフジクラシャフトのラインナップでも個性が光る超高速でしなり戻るシャフトです。「ダイヤモンド」のネーミングを与えられている通り、高弾性シートを採用した低トルク設計、素材にはかなり拘った飛距離追求型のシャフトになります。

キックポイントはメーカー表記で中調子ですが、個人的にはやや先に感じました。振った感じもシャフト全体的に張りがあり、トルクが少ないため強さを感じます。手元から緩やかにしなるシャフトではなく、しなり戻りのスピードがとにかく速く、振っていて「とにかく気持ちいい」爽快なシャフトですね。

切り返し時にシャフトにテンションをかけて強く切り返すタイプのゴルファーに合うと思います。瞬間的なしなり戻りがありますのでインパクト後も一気にフィニッシュまで振り切れる感覚は「DIAMONDスピーダー」ならではのフィーリングといえるでしょう。オススメのフレックスはRです。

まず最初に試打してもらいたいスペックはR、振動数は約224CPM

軟らかく驚異の直進力、TRPX (トリプルエックス)「AB403」

シニアプロの田村尚之プロも使用するシャフトメーカー。個性的なデザイン設計の40グラム台の最新モデルが「AB403」です。TRPXの飛距離追求型シャフトは手元側の剛性を高くして先端部に動きをもたらす設計のものが多く、切り返しのタイミングが合う人と合わない人がはっきり分かれます。

しかし「AB403」は手元剛性を下げているため、切り返しがしやすくタイミングが取りやすい。切り返しからスムーズに動き、非常に滑らかな振り心地は、ボールコントロールもしやすく感じます。シャフトのしなり量は大きいものの、嫌な潰れ感がなく、しなり戻りの速さはTRPXらしいフィーリングですね。

バックスピン量は標準的ですが軽量シャフトながら直進力があります。パフォーマンスの高いヘッドとマッチングさせて飛距離アップを狙っても、再現性が高く安定して打てることでしょう。セッティングが決まると「大幅に化ける可能性がある」シャフトですので、人とはあまり被らない高性能な軽量シャフトを求めている方にはピッタリでしょう。本来の魅力である大きなしなりと直進力を体感しやすいのはSR、このフレックスがオススメです。

SRでシャフト振動数が210CPMくらい。「振動数の割にはハリがありますよ」(吉田氏)

出典

みんなのゴルフダイジェスト(https://www.golfdigest-minna.jp/)

2022 Autumn

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。