Harmony DIGITAL

NIPPON地域のとりくみ【宮崎編:4】地域と深く連携し、お出掛け、観光などの移動に役立つアプリ「マイルート宮崎」 text:Tsutomu Yoshda

Travel

宮崎県の南北で隣接する、宮崎市と、九州の小京都とも称される日南市。ともに自然環境に恵まれ、キャンプやグランピングなどを楽しめる施設が充実している。そんな両市および近郊エリアにて、2020年11月より次世代型の移動サービス「MaaS」 の実証実験がスタートしている。

過去の記事はこちらから

巡る人
株式会社油津応援団
黒田泰裕さん

宮崎県生まれ。日南商工会議所で2012年より事務局長を務める。2014年に退職して日南市の「油津応援団」設立に加わり、2年後、代表取締役に就任。油津商店街を再生に導いた立役者のひとり。中小企業診断士としても活躍している。

MaaSアプリの提供で
シームレスな移動を実現

宮崎県の県庁所在地である宮崎市と、九州の小京都とも称される日南市。南北で隣接する両市はその特性こそ多少の差異があるものの、自然環境に恵まれているという点は共通しており、キャンプやグランピングなどを楽しめる施設が充実。アウトドアブームの追い風を受け、コロナ禍以前は、県内外から多くの人びとが訪れた。また、このエリアにほれ込んだ移住希望者への手厚い支援も魅力的だ。

そんな両市および近郊エリアにて、2020年11月より次世代型の移動サービス「MaaS」 の実証実験がスタート。複数の交通手段を組み合わせたルート検索ができるスマートフォン向けのアプリ「my route」を活用し、利便性の高い移動サービスを提供している。今回の取り組みの背景について、宮崎トヨタ自動車の社長を務める佐土嶋恒夫氏は、次のように語る。

「宮崎県は公共交通が発達しておらず、自動車でなければスムーズな移動が難しいという課題があります。そんな状況だからこそ、地域の交通事業各社さまと協力して、『my route』によってシームレスな移動を実現できればと考えています」

交通インフラにおけるラストワンマイル問題は全国共通の課題だが、宮崎市・日南市も例外ではない。現在同社では、レンタカー、カーシェアに注力しつつ、2021年8月には宮崎 交通からシェアサイクルサービス「PiPPA」を事業譲受。二次交通の充実を図り、『my route』の利便性向上に貢献している。また、アプリではイベントや観光、グルメの情報なども提供。交通サービスと組み合わせることで、地域における回遊性の促進にもひと役買っている。

宮崎市も日南市も海に面しており、夏場は海水浴やマリンスポーツをする人で賑わう。
「宮崎県におけるMaaS実証実験開始記念式典」の様子。
宮崎トヨタ自動車の佐土嶋恒夫代表取締役社長(写真左)と佐土嶋健専務が語る。

アウトドアと連携した
サービス提供も視野に

とはいえ、世界は依然としてコロナ下であり、観光客の誘致は難しい状況にある。そのため現在は、足元を固める意味で地域の利用者に向けたサービスの提供を意識しているという。

実際に反響もある。2021年2月27日付の宮崎日日新聞においては、「my route」利用者 である70代後半の男性の投書が掲載された。男性は、自身でアプリをダウンロードして経路情報を確認、各交通機関の細かな時間、料金もわかり、交通手段を選ぶには便利と、好意的な感想を寄せている。

「『my route』を使えば、年齢性別に関係なく、また、普段は自動車で移動されている方も気軽に公共交通機関を利用できるはずです。今後は、地元の方々の生活に密着した使い方の提案も積極的にしていきたいですし、 その結果として、自動車と公共交通機関が共存できる世界になっていけば理想的です」

そう語るのは、同社の専務である佐土嶋健氏。こうして地元の人びと向けのアプローチを行いつつ、観光客が戻ってきた際のプランも着々と進めている。そのひとつが、先に述べたアウトドアとのマッチングである。

レンタカーおよびアウトドアグッズのレンタルも行っている「SUV BASE 宮崎」。

「当社運営の『SUV BASE宮崎』では、SUV車とともにキャンプ用品の貸し出しも行っています。今後は『my route』 との連携も視野に入れており、手ぶらでキャンプが楽しめるというような情報を発信していきたいと考えています」

前向きに話す専務の健氏の言葉に力が入る。社長の恒夫氏も大きくうなずき、「『my route』 における情報発信を強化するとともに、アプリそのもののさらなる周知に向けて努力していきたいです」と、目標を語ってくれた。今後の展開に期待大だ。

「マイルート宮崎」とは

宮崎トヨタ自動車、宮崎交通、JR 九州、西日本鉄道、ANA など が連携して運営する新サービス。スマートフォン向けの MaaS ア プリ「my route」を活用している。バス、鉄道、タクシー、シ ェアサイクルなどの移動手段を組み合わせたルート検索や予約・ 支払いに加え、観光、イベント、グルメ情報にもアクセスできる。 宮崎市・日南市では 2020 年 11 月に実証実験がスタートした。

【施設情報】
宮崎トヨタ自動車

住所:宮崎県宮崎市大字芳士字谷口 692-17
Tel:0985-39-2211
https://www.miyazakitoyota.jp/

SUV BASE 宮崎

住所:宮崎県宮崎市島之内字湯取 6246-1
Tel:0985-41-6833
https://www.miyazakitoyota.jp/suv-base-miyazaki

2022 Summer

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。