Harmony 2015年7/8月号
日本ドライブ紀行 萩〜下関

五感を満たす山口ドライブ

文・鹿田吏子 写真・笹山明浩

世界遺産登録を控え、大いに盛り上がる萩の町、3億5千万年の歴史を重ねるカルスト台地、荒波が織りなす日本海の絶景ポイント、フグをはじめとする下関の海の幸……。五感を満たす夏の山口、日本海沿いのドライブへ。


アクセス
山口宇部空港から萩市街まではクルマで約80分、萩・石見空港から約70分、JR「新山口駅」から約55分。萩市街から秋吉台までは約35km/約45分、秋吉台から長門市仙崎までは約30km/約40分、長門市仙崎から角島大橋までは約37km/約50分、角島大橋から唐戸市場まで約53km/約75分。
Googleマップ


世界遺産登録を控え、大いに盛り上がる萩の町、3億5千万年の歴史を重ねるカルスト台地、荒波が織りなす日本海の絶景ポイント、フグをはじめとする下関の海の幸……。山口には、ドライブ旅を満喫する要素が詰まっている。萩を起点に下関まで、五感を満たす夏の山口、日本海沿いのドライブへ。

Harmony 2015年7/8月号より

萩市中心部

幕末の足跡残る町へタイムスリップ

本文を読む

旅のスタート、萩。幕末史好きにはおなじみの地だが、今年は大河ドラマの舞台としてさらに注目を集めているという。

まずは長州藩の拠点となった萩城跡を中心に、武家屋敷や美しいなまこ壁の町家が連なるエリアを巡る。今なお江戸時代の姿をとどめる町並みは、まるでタイムスリップしたかのようだ。

そんな萩で絶大な人気を誇る存在と言えば、やはり吉田松陰だろう。萩の人びとは今でも「松陰先生」と呼び、ひとつ質問を投げると熱く語り返してくれる。

中心部から川を隔てた椿東(ちんとう)地区(旧松本村)にある松陰神社を訪れる。神社の敷地内には、松下村塾、杉家の旧宅が集まっている。社会科見学で訪れる小学生たちにも丁寧な講義を心がけている神社の上田宮司から、この塾が「至誠を尽くし、日本人としてどう生きるべきか」をテーマに広範囲の学問を行ったこと、松陰先生を支えた家族のことなどを教えていただく。往時の塾生になったような心持ちで話を伺った。

再び中心部に戻り、松陰先生も教鞭を執った藩校「明倫館」跡へ。ここには高杉晋作も汗を流した練武場「有備館」などが残っている。跡地に建つ赤瓦の学舎は、旧明倫小学校本館。1935(昭和10)年に造られた同館は昨年まで現役として活躍していた。新校舎に移転した今も、児童たちは毎朝松陰先生の言葉を朗唱するという。「萩市民なら誰でも憧れる学校でしょう」と、町を案内してくださった萩市役所の方が教えてくれた。

日本海に面した萩はまた、食の魅力に溢れた町でもある。「道の駅 萩しーまーと」には、金太郎(ヒメジ)や桜鯛(マダイ)他、海の幸が勢ぞろい。また穫れたて野菜の直売所が人気の「道の駅 萩往還」には「松陰記念館」が隣接。歴史も学べる道の駅として話題だ。

晦事(ことこと)

晦事(ことこと)

築約200年の町家を改装したノスタルジックなカフェ。萩で焙煎したコーヒーを萩焼の器でいただく。店内では、地元作家の雑貨や萩土産も取り扱っている。萩焼の器は店内で購入も可能。

住所:山口県萩市呉服町2-32
電話:0838-26-7199
時間:10:00〜17:00(季節により変動)
休み:第2 ・4火曜
道の駅 萩しーまーと

道の駅 萩しーまーと

「萩を中心とした地元食材を新鮮なまま提供する」がモットー。活きのいい魚介や野菜が並ぶ人気店だ。市場で買った魚を好みのスタイルに調理してくれるレストランをはじめ、食事どころも魅力。

住所:山口県萩市椿東4160-61
電話:0838-24-4937
時間:9:30〜18:00(金・土・日・祝は9:00〜)、飲食店は11:00〜
休み:1/1
駐車場:88台

秋吉台──秋芳洞

カルスト台地を駆け抜ける

本文を読む

萩市からクルマで約40分。山間ののどかな景色の中を進んでいると、徐々に標高が高くなり、空が近づいたと思った瞬間、目の前に、どこまでも広がる大草原と、“羊の大群”と見紛う石灰岩の大群が現れた。まさに圧巻。思わず窓を開けて深呼吸を楽しむ。

ここ秋吉台は、3億5千万年前に誕生したサンゴ礁が、長い年月をかけてカルスト台地を形成したもの。一帯は面積4502ヘクタールの国定公園となっており、うち1384ヘクタールが国の特別天然記念物に指定されている。

道路沿いには展望台やトレイルコース、キャンプ場……。雄大な自然を様々な角度から楽しめるスポットが点在している。毎年7月の第4土曜日には、この秋吉台を花火やレーザーショーが彩る「秋吉台観光まつり」も開催される。夏の夜のドライブも楽しめそうだ。

そんな秋吉台の下には、さらなる自然の神秘が眠っていた。秋吉台の地下100メートル地点に、日本屈指の大鍾乳洞・秋芳洞(あきよしどう)が形成されており、総延長8・9キロのうち約1キロが観光コースとして整備されている。

ゆっくり歩いて、往復約1時間。コース上には、「百枚皿」や「大松茸」、「大黒柱」、「くらげの滝のぼり」など、自然の造形に合わせて絶妙なネーミングを施した名所が24カ所ある。しかも洞内は年間を通して17度と、夏にうれしい快適さ。ドライブのクールダウンにもいい。雄大な自然で心も体もリフレッシュして、次なる目的地へ。

  • どこまでも広がる緑の草原に石灰岩が顔をのぞかせる。雄大な秋吉台は、人気のドライブ先でもある。

  • 台地を縦断する秋吉台カルストロードは爽快なドライブ道。のんびりと走りを楽しみたい。

  • 秋芳洞は国内最大級の鍾乳洞。最大の見どころのひとつは棚田のような「百枚皿」。

  • 日本名水百選に選定されている「別府弁天池湧水」は、カルスト地帯特有の湧水でブルーに輝く。

ウェルネスビレッジ 秋吉ファームガーデン

ウェルネスビレッジ 秋吉ファームガーデン

「ミネラル豊富な土壌を生かしたブルーベリー畑にレストランや市場を併設。摘みたてのブルーベリーを使った夏季限定のスイーツは必食。また、新鮮野菜や地元食材が並ぶランチバイキングもおすすめだ。夏はブルーベリー摘み体験もできる(〜8月下旬)。

住所:山口県美祢市於福町上4397-4
電話:0837-56-0291
時間:市場、レストラン&カフェ 10:00〜18:00(ベーカリーは〜17:00)
ブルーベリー摘み体験 10:00〜16:00(大人800円、子ども500円、3歳以下無料/すべて税込み)
休み:第2水曜(1月、8月は除く)
駐車場:60台