Harmony DIGITAL

GR COROLLA RELEASE新型車GRカローラ日本仕様車および
走行性能を磨き上げた2シーターモデル、
「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開

Car

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は6月1日、「GRカローラ RZ」と「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開しました。「GRカローラ RZ」は、本年4月に公開した新型車「GRカローラ」の日本仕様のグレードです。「GRカローラ モリゾウエディション」はマスタードライバーのモリゾウこと豊田章男社長が自ら試作車のハンドルを握り、こだわりを持って作りこんだ「お客様を魅了する野性味」「気持ちが昂り、ずっと走らせていたくなる走りの味」を追求したグレードであり、今回、米国においても同時に発表しました。「GRカローラ RZ」は本年秋頃から全国のトヨタ車両販売店を通じて発売を開始し、「GRカローラ モリゾウエディション」は本年冬頃から全国のGR Garageにおいて台数限定で発売を予定。予約抽選は秋頃から受付を開始する予定です(※1)。

カローラは、1966年の発売以降、トヨタを長年支えてきたクルマです。トヨタのモータースポーツ黎明期から、WRC初優勝を飾った(※2)「TE25カローラ」やその後1000湖ラリー(※3)を制した「カローラレビン」などが活躍。その走りを多くのお客様に愛していただいてきました。また、時代の変化に合わせ、ワゴン、SUVなどへ進化を遂げることで、様々なライフステージにおいて、ご愛用いただけるクルマとなりました。豊田社長は、「多くのお客様に愛していただけるクルマだからこそ、絶対にコモディティと言われる存在にしたくない。お客様を虜にするカローラを取り戻したい。」との強い思いを持ち、GRカローラの開発を開始しました。

開発にあたっては、レースで勝つために鍛えたクルマを市販化するという「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を実践。開発中のGRカローラに水素エンジンを搭載、スーパー耐久シリーズに出場(※4)し、新技術である水素エンジンを鍛えるとともに、車両を総合的に鍛え直しました。また、「お客様を魅了する野性味」を追求するため、マスタードライバーの豊田社長を中心に、プロドライバー、社内の評価ドライバー、エンジニア、メカニックが一丸となって、様々な道で走り込みを実施。徹底的に不具合を出し尽くし、改善を重ねることで、「ドライバーと対話のできるクルマ」、「ずっと走らせていたくなるスポーツカー」へと仕上げました。

GRカローラ開発の軌跡は、以下の動画からご覧いただけます。

走行性能を磨き上げた2シーターモデル、
GRカローラ モリゾウエディション

GRカローラ モリゾウエディションは、モリゾウこと豊田章男社長が強くこだわりを持つ「お客様を魅了する野性味」を追求したグレードです。徹底した軽量化、エンジンのトルクアップ・トランスミッションのギア比最適化による動力性能向上、モノチューブアブソーバー・ハイパフォーマンスタイヤの採用によるコーナリング性能の向上により「気持ちが昂り、ずっと走らせていたくなる」走りの味を実現しました。

<GRカローラ モリゾウエディション車両概要(GRカローラ RZとの比較)>
  • リヤシートを撤去し乗車定員を2名としたことで約30kgの軽量化を実現しました。
  • 最大トルクを370Nmから400Nmへ向上。中回転域のトルクを高めることで加速性能を向上させました。
  • 構造用接着剤を3.3m追加で塗布し、ボディ補強ブレースを追加することで、ボディ剛性をさらに強化しました。
  • ディファレンシャルギアのローギアード化と、1~3速のクロスギアレシオ化により、動力性能の向上と、気持ちのよいギアのつながりを実現しました。
  • 10mm拡幅したハイグリップタイヤを採用することにより、コーナリング時の安定性・ブレーキ性能を向上させました。
  • しっかりと体をホールドする専用セミバケットシートを採用。走行性能向上によってドライバーに多くのGがかかる中でも、正確なドライビングをサポートします。
  • インテリアでは、ドアトリムオーナメントやインストルメントパネルなどへ鋳物ブラック塗装を施し、ステアリングやコンソールにはウルトラスエード®(※5)表皮を採用。スポーティな室内空間に上質さを加えました。
  • 外板色には、マットスティールを専用設定。さらに、GRカローラ モリゾウエディションならではのこだわりの証として、ウィンドシールドガラスにモリゾウサインを施しました。

新型車GRカローラ RZ(日本仕様車)
およびGRカローラ モリゾウエディションの主な諸元(開発目標値)


GRカローラ RZ(日本仕様)

GRカローラ モリゾウエディアション

全長(mm)

4,410

全幅(mm)

1,850

全高(mm)

1,480(アンテナを含む数値。ルーフ高1,455)

1,475(アンテナを含む数値。ルーフ高1,450)

ホイールベース(mm)

2,640

トレッド前(mm)

1,590

トレッド後(mm)

1,620

乗車定員

5

2

車両重量(kg)

1,470

1,440

エンジン

1.6L直列3気筒インタークーラーターボ

形式

G16E-GTS

内径×工程(mm)

87.5×79.7

総排気量(L)

1.618

圧縮比

10.5

最高出力(kW[PS]/rpm)

224[304]/6,500

最大トルク(N・m[kgf・m/rpm])

370[37.7]/3,000~5,500

400[40.8]/3,250~4,600

トランスミッション

iMT(6速マニュアルトランスミッション)

駆動方式

スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”電子制御多板クラッチ式4WD(3モード選択式)

変速比
1/2/3/4/5/6/後退

3.538/2.238/1.535/1.162/1.081/0.902/3.831

3.214/2.238/1.592/1.162/1.081/0.902/3.557

減速比
1~4/5、6、後退

4.058/3.45

4.250/3.578

差動装置

フロント

トルセン®(※6)LSD

リア

トルセン®(※6)LSD

サスペンション

フロント

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式
(倒立式モノチューブアブソーバー採用)

リア

ダブルウィッシュボーン式

ダブルウィッシュボーン式
(モノチューブアブソーバー採用)

ブレーキ

フロント

ベンチレーテッドディスク
(18インチアルミ対向4ポットキャリパー)

リア

ベンチレーテッドディスク
(16インチアルミ対向2ポットキャリパー)

ホイール

BBS製鍛造アルミホイール
(センターオーナメント付き)

BBS製鍛造アルミホイール
(センターオーナメント付き)
※TOYOTA GAZOO Racingロゴ入り

タイヤ(フロント・リア)

235/40R18
YOKOHAMA ADVAN APEX V601

245/40R18
Michlin PILOT SPORT CUP 2

燃料タンク容量(L)

50

※1:限定台数および予約抽選方法については以下WEBサイトにて後日公開予定
https://toyotagazooracing.com/jp/gr/corolla/

※2:1973年に米国で開催されたプレス・オン・リガードレス・ラリーにて初優勝

※3:現ラリーフィンランド。1975年に初優勝

※4:ROOKIE Racingより、2021年第3戦から水素エンジンカローラでスーパー耐久シリーズに参戦。カーボンニュートラルとサステナブルなモータースポーツ業界の実現に向け、新たな動力源の選択肢である「水素エンジン技術」をモータースポーツの現場で鍛えることを目的とする

※5:ウルトラスエード®は、東レ(株)の登録商標

※6:トルセン®は株式会社ジェイテクトの登録商標

GRカローラの情報はこちら
https://toyotagazooracing.com/jp/gr/corolla/

Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2022 Autumn

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。