Harmony DIGITAL

Toyota new crown release新型「クラウン」を世界初公開 -第1弾として新型クラウン(クロスオーバー)を2022年秋頃に発売-

Car

左から、クラウン(クロスオーバー)、クラウン(スポーツ)、クラウン(セダン)、クラウン(エステート)

2022年7月15日13時30分、トヨタのフラッグシップ「クラウン」のニューモデルが発表されました。「革新と挑戦」のDNAを受け継ぎつつ、お客様の多様な価値観やライフスタイルに寄り添う、4つのバリエーションを持った新時代のクルマをご紹介します。

特徴

▽クラウンの「革新と挑戦」のDNAを受け継ぎつつ、お客様の多様な価値観やライフスタイルに寄り添う、4つのバリエーションを持った新時代のフラッグシップとして刷新
▽新型クラウン(クロスオーバー)は、セダンとSUVを融合させた革新的なパッケージで、これまでの概念にとらわれない、新たな価値を提供するクルマ

・大径タイヤによる力強いスタイルと、シンプルで上質なデザイン
・ヒップポイントを高め、優れた乗降性と視界の良さを実現
・どの席に座っても特等席と感じられる、上質で居心地のいい室内空間
・個性を持った2種類のパワートレーンを採用。新開発のデュアルブーストハイブリッドシステムによるトルクフルで気持ちいい走りと、進化を重ね熟成したシリーズパラレルハイブリッドシステムの上質で滑らかな走りを実現

TOYOTAは、新型「クラウン」を世界初公開し、その第1弾としてクラウン(クロスオーバー)を本年秋頃に発売(※1)します。

クラウンは、トヨタ独自の国産技術で作り上げた初の量産型乗用車として1955年に誕生しました。戦後間もない時代に、初の独自開発で苦難を重ね高級車を作り上げた「革新と挑戦」のDNAは、その後67年に渡り歴代クラウンに受け継がれ、常に時代の一歩先を行く新しい価値を追求し、多くのお客様にご愛用いただいてきました。しかし、時代の変化はそれ以上のスピードで進み、多様化するお客様のニーズに対して十分お応えできなくなり、フラッグシップとしての存在感が希薄になっていきました。

今回、開発チームは、新しいクラウンの開発にあたり、「クラウンとは何か」を徹底的に見つめ直し、「これからの時代のクラウンらしさ」を追求した結果、4つの全く新しいクラウンを作り出しました。セダンとSUVを融合させた新しいスタイルの「クロスオーバー」に加えて、エモーショナルな雰囲気を持ち、運転しやすいパッケージとともにスポーティな走りをお楽しみいただける「スポーツ」、新たなフォーマル表現とともにショーファーニーズにも応える「セダン」、大人の雰囲気で余裕のある走りを持つ機能的なSUV「エステート」をラインアップし、今後グローバルに約40の国・地域に順次展開していきます。
新型クラウン(クロスオーバー)の詳細は以下の通りです。

車両詳細

1.これからのクラウンをゼロから考え作り上げた、飾り立てない上質なデザイン

【外装デザイン】
・スタイリッシュなクーペライクシルエットと、力強さを感じさせるリフトアップスタイルを組み合わせ、流麗さとダイナミックさを両立させた、新時代のフラッグシップの姿を表現。
・左右に一直線につながるヘッドランプ・テールランプや、キャラクターラインに頼らず面の抑揚で質感を表現したサイドビューなど、シンプルでありながら鋭さと雄大さを兼ね備えたデザイン。
・従来のセダンの常識を打ち破る大径タイヤを採用。ボディ構造のくふうにより、ボディ側面近くまで外側に張り出した足回りと、ボディとタイヤの隙間のバランスも徹底的に吟味したことで、セダンでもSUVでもない、踏ん張り感のある力強いスタイル。

CROSSOVER G“Advanced Leather Package”(2.5Lハイブリッド車)

【内装デザイン】
・ディスプレイや操作スイッチを水平方向に集約したことでどの席からも直感的に操作ができる機能レイアウトと、インストルメントパネルからドアにかけてひと続きで包み込まれるような造形により、ドライバーは運転に集中でき、一緒に乗る方には心地よく移動を楽しんでいただける「全席特等席」を実現。
・過度に飾り立てず温味を感じられる金属加飾「WARM STEEL」や、思わず触れたくなる造形と心地よい握り心地を両立したシフトノブ、一目でわかる仕立ての良さと着座時の安心感にこだわったシートなど、内装部品の1つ1つにもこだわり、上質で豊かさを感じられる空間を演出。

CROSSOVER RS“Advanced”(2.4Lハイブリッド車)

【カラーデザイン】
・ボディカラーでは、新開発の「プレシャスブロンズ」や「プレシャスレイ」をはじめ、特徴的なバイトーンカラーのコーディネートで新しいクラウンの変革を表現。合計12通りのボディカラーと4種類の内装色の組み合わせで、幅広いバリエーションをご用意。

2.TOYOTAのフラッグシップにふさわしい、ゆとりと品格を感じられる走りと快適な乗り心地

【2.4L デュアルブーストハイブリッドシステム】
・低回転から力強いトルクを生み出す直列4気筒ターボエンジンと、高い駆動力を発揮する最新の電動パワートレーン「eAxle」、新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池を組み合わせたハイブリッドシステムをトヨタ自動車として初採用。ドライバーのアクセル操作にリニアに反応し、ダイレクトかつトルクフルで気持ちのいいドライビングフィールを体感いただけます。

デュアルブーストハイブリッドシステム

【2.5L シリーズパラレルハイブリッドシステム】
・クラウン(クロスオーバー)に最適化した高効率ハイブリッドシステムに、新開発バイポーラ型ニッケル水素電池を搭載。クラストップレベルの低燃費と高い静粛性を実現し、クラウンならではの上質で滑らかな走りをさらに進化させました。

【新開発プラットフォーム】
・大径タイヤの採用により得られた従来のセダンより高いヒップポイントを活かし、乗り降りがしやすく、視界の良い着座位置を実現。頭の上や前後の空間もより広く確保し、どの席に座っても特等席と感じていただけるような、居心地のいい室内空間を目指しました。

CROSSOVER RS“Advanced”(2.4Lハイブリッド車)

・乗り降りや運転のしやすさを優先したパッケージでありながら、TNGAプラットフォームによる軽量かつバランスの取れた高剛性ボディと、足回りでは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤには新開発マルチリンク式のサスペンションにより、クラウンらしいどっしりとした直進安定性と、しなやかな動き、目線のぶれないフラット感と振動の少ない質感の高い乗り心地を追求し、ずっと乗っていたくなる快適性を実現しました。

高剛性ボディ

3.最先端の先進安全・運転支援システムで、安心・便利なカーライフを

【トヨタセーフティセンス】
先進機能を付与し、機能向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス(※2)」を全車標準装備。対応する事故形態を一層拡大し、より安心なドライブをお楽しみいただけます。

【トヨタチームメイト】
高度運転支援技術「トヨタ チームメイト」を搭載。渋滞時の安全運転を支援する「アドバンスト ドライブ(渋滞時支援)(※3)」や様々な駐車シーンでスムースな入庫・出庫を自動で行いリモート操作も可能な「アドバンストパーク(リモート機能付)(※3)」など、安心・便利な先進機能を装備。

新型クラウン(クロスオーバー)は、本年秋頃より、クルマのサブスクリプションサービス「KINTO」(※4)でも取り扱いを開始します。KINTOの場合、自動車保険や定期メンテナンスなど、クルマにかかる諸経費を月々のお支払いに含めており、販売店に加えて、WEBでのお申込みも可能で、個人・法人ともに、手軽にお乗りいただくことができます。

さらに、支払い方として、「解約金フリープラン」をお選びいただくと、所定の申込金をお支払いいただくことで、中途解約にかかる解約金をゼロにするとともに、当初設定の3年のご契約期間の満了後も、お乗りのクルマを引き続きご利用いただくことができます。CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”でこのプランをご選択の場合、月額は89,100円(税込み)(※5)からご利用いただけます。

詳細はこちら:https://kinto-jp.com/lp/crown/


(※1) CROSSOVER RS“Advanced”、CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”、CROSSOVER G“Advanced”を除くグレードについては、2023年1月以降に生産予定です
(※2)新型クラウン(クロスオーバー)に搭載のトヨタセーフティセンスについて、詳細はこちら https://toyota.jp/crown/ft/safety/#safetyFeature02
(※3)「トヨタ チームメイト アドバンスト ドライブ(渋滞時支援)」および「アドバンストパーク(リモート機能付)」について、詳細はこちらhttps://toyota.jp/crown/ft/safety/#safetyFeature01
(※4)自動車保険、定期メンテナンス、自動車税、故障修理、登録諸費用・税金、車検費用(5年/7年プランの場合)などの諸経費をパッケージ化した月額定額サービス。
(※5)エントリーパッケージ、追加オプション無しの場合。別途、ご契約にあたり、500,170円(税込み)の申込金のお支払いが必要で、3年間の総支払い額は3,707,770円(税込み)になります。


販売概要
月販基準台数 3,200台/月

生産工場
トヨタ自動車(株) 元町工場、堤工場

メーカー希望小売価格
4,350,000円(税込み)~6,400,000円(税込み)
※北海道、沖縄のみ価格が異なる。


パワートレイン 駆動 価格(※)
CROSSOVER RS デュアルブーストハイブリッド
システム(T24A-TFS 2.4L)
+Direct Shift-6AT
E-Four
Advanced
6,050,000
“Advanced” 6,400,000
CROSSOVER G リダクション機構付きのシリーズ
パラレルハイブリッドシステム
(A25A-FXS 2.5L)
E-Four 4,750,000
“Advanced・Leather Package” 5,700,000
“Advanced” 5,100,000
“Leather Package” 5,400,000
CROSSOVER X 4,350,000

※価格にはリサイクル料金は含まれません。

新型クラウン(クロスオーバー)の情報はこちら
https://toyota.jp/crown/

Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2022 Autumn

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。