Harmony DIGITAL

PRIUS FULL MODEL CHANGE新型「プリウス」を世界初公開

Car

「Hybrid Reborn」をコンセプトに、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を併せ持ったエモーショナルなプリウスへと進化。愛車として長くご愛用いただけるクルマを目指しました。プリウスならではのモノフォルムシルエットを継承しつつ、ワイド&ローなスタンスと大径タイヤの採用で、感性に響くスタイリッシュなデザイン。第5世代ハイブリッドシステムと、第2世代TNGAプラットフォームの採用で、ずっと乗っていたくなる、気持ちのいい走りを実現しています。

TOYOTAは、新型「プリウス」を世界初公開しました。シリーズパラレルハイブリッド車(HEV)は今冬、プラグインハイブリッド車(PHEV)は2023年春頃に発売を予定しています。

プリウス(2.0L PHEV プロトタイプ)
プリウス(2.0L HEV プロトタイプ)

プリウスは、「21世紀に間にあいました。」のキャッチコピーで、1997年に世界初の量産型ハイブリッドカーとして誕生しました。2代目は、プリウスの特徴ともいえる「モノフォルムシルエット」を初採用し、進化したシリーズパラレルハイブリッドシステム(THSⅡ)の搭載でさらなる燃費向上を達成。3代目は、エンジン排気量を1.8Lに拡大し、ハイブリッドシステムをより高効率化したことで、燃費だけでなく走行性能も強化しました。4代目は、TNGAプラットフォームを初採用し、さらなる環境性能の向上と進化した走りを実現しました。

プリウスは、誕生から25年間、車名が意味する「先駆け」の言葉通り、圧倒的な燃費性能を備えた新世代のエコカーとしてHEVの普及を牽引し続けました。これまでのプリウスのグローバル累計販売台数は約505万台(※1)にのぼり、2022年3月時点で削減されたCO2量は約8,200万トン以上(※2)に相当します。またハイブリッドシステムは、プリウスを起点として、現在ではコンパクトカーからSUV、ミニバン、商用車に至るまで、ほぼ全ての車種に搭載され、多くのお客様にご愛用いただいています。

このように幅広い車種でHEVが普及したことで、これまでプリウスが担ってきたハイブリッドの牽引役という役割は、1つの節目を迎えました。

「次の25年もお客様に愛され続けるために、プリウスはどうあるべきか。」開発チームはプリウスのあり方をゼロから考えました。プリウス自身が生まれ変わり、そしてもっとハイブリッドの魅力を知っていただきたいという想いで生み出されたコンセプトが「Hybrid Reborn」です。

自動車産業が100年に1度の大変革期を迎え、次世代のパワートレーンとして様々な選択肢が生まれる中で、HEVであるプリウスがこれからの時代も選んでいただける愛車であり続けるために、新型では、強みである高い環境性能に加え、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を兼ね備えたクルマを目指して開発を行いました。

今後、新型プリウスは、日本をはじめに、北米・欧州をはじめ順次グローバルに展開していきます。

国内では、クルマのサブスクリプションサービス「KINTO(※3)」でもお求めいただけます。具体的なプランの詳細は、今冬に公表予定です。

新型プリウスの詳細は以下の通りです。

車両概要

1.「Hybrid Reborn」のアイコンとして、よりワクワクするエモーショナルなデザインへシフト

『感性に響く』スタイリッシュな外形デザイン
■プリウス独自のアイコンである「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、第2世代TNGAプラットフォームによる、さらなる低重心化や、19インチ大径タイヤの採用よって、よりスタイリッシュなプロポーションへ生まれ変わりました。
■シンプルでありながら抑揚のあるボディ造形は、長く愛されるための「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」を表現しました。
■ハンマーヘッドをモチーフとした機能性とデザイン性を高次元で両立したフロントデザインと、薄型一文字のリヤコンビネーションランプを配したリヤデザインで、プリウスの持つ先進性をさらに引き立てます。

プリウス(2.0L HEV プロトタイプ)

『走りのワクワク感』と『上質さ』を両立させた内装デザイン
■「アイランドアーキテクチャー」コンセプトにより、圧迫感のない広々とした空間と運転に集中しやすいコックピットを両立。直感的に操作ができ、ドライビングを楽しめる室内空間としました。
■黒を基調した室内全体に、インストルメントパネルとシートステッチの加飾をコーディネーション。スポーティでありながら新しい上質感を両立しています。
■インストルメントパネルには、トヨタ初採用の「イルミネーション通知システム」を設定。アンビエントライトとして室内を彩るだけでなく、トヨタセーフティセンスと連動する新機能をデザインに取り入れました。対象物を検知した際、アラームが鳴る前にイルミネーションの点滅でドライバーへ注意喚起し、より安心なドライブをサポートします。

『スポーティさ』と『洗練さ』を追求したカラーデザイン
■ボディカラーは全8色を設定。うち2色は、スポーティな印象を与えるソリッドカラーベースの「アッシュ」と「マスタード」を新規に開発しました。スポーティで上質な内装のカラーコーディネーションで、お客様の毎日を彩りながらより愛着を感じていただけるカラーをご用意しました。

2.低燃費に加え、ドライバーの思い通りに反応する気持ちいい走りを実現した、新世代ハイブリッドシステム

2.0Lプラグインハイブリッドシステム
■従来型を大幅に上回る加速性能と静粛性を実現した、2.0Lプラグインハイブリッドシステムをトヨタ初採用。高効率のダイナミックフォースエンジンと、高出力の駆動用リチウムイオンバッテリーの組み合わせで、従来型同等の低燃費(※4)を維持しつつ、164kW(223PS)ものシステム最高出力(※4)を達成。PHEVならではの力強い加速性能は0-100km/h加速で6.7秒(※4)をマークするなど、圧倒的な動力性能を実現しました。

プラグインハイブリッドシステム(2.0L プロトタイプ)

■EV走行距離は、従来型に比べ50%以上向上。日常生活の大部分をEV走行だけでカバーできるよう、バッテリー性能を向上しました。また充電中にパワースイッチをオンにすると、外部電源の電力を利用してエアコンやオーディオの使用が可能になる「マイルームモード」を設定し、もう1つの部屋のように車内で快適に過ごすことができます。

■PHEVでは、従来ラゲージ部にあった電池パックを、リヤシート下部に搭載することで、低重心化とラゲージスペースの拡大を実現。新型プリウスのスポーティな走りと、利便性の向上を両立しています。

2.0L/1.8L ハイブリッドシステム
■最新のハイブリッドシステムを採用。従来型同等の低燃費(※4)を達成しつつ、胸のすくような加速感やドライバーの思い通りに反応するレスポンスの良い走りを実現しました。システム最高出力は、2.0L車では144kW(193PS)(※4)、従来型比1.6倍(※5)となり、スポーティに生まれ変わったプリウスにふさわしい動力性能を確保しています。

ハイブリッドシステム(2.0L プロトタイプ)

■最新のE-Fourを設定。高出力モーターの採用などにより、雪道をはじめとする低μ路での登坂性能や旋回時の安定性がさらに向上しています。

3.さらなる進化を重ねたTNGAプラットフォーム

第2世代TNGAプラットフォーム
■熟成を重ねたTNGAプラットフォームをベースに、新型プリウスのエモーショナルなデザイン・走りを実現するための改良を施した第2世代TNGAプラットフォームを開発し、低重心化や大径タイヤの採用を実現しました。

■ボディの各所に補強を施し、より剛性を高めたほか、静粛性も向上。足回りでは、改良を加えたフロント : マクファーソンストラット式/リヤ : ダブルウィッシュボーン式のサスペンションによって、直進ではどっしりと、コーナーではドライバーの意図に応じた車両応答性、ライントレースのしやすさを実現。最新のパワートレーンとの組み合わせで、乗った人を虜にさせる運動性能を備えています。

高剛性ボディ(プロトタイプ)
フロント マクファーソンストラット式サスペンション(プロトタイプ)
リヤ ダブルウィッシュボーン式サスペンション(プロトタイプ)

4.先進安全・運転支援システムで、安心・便利なカーライフを

トヨタセーフティセンス
■先進機能を付与し、機能が向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。検知対象を拡大し、より安心なドライブをお楽しみいただけます。

トヨタチームメイト
■高度運転支援システム「アドバンストパーク(リモート機能付)」を設定。様々な駐車シーンでスムースな駐車・出庫を自動で行うことができ、加えて車外から専用スマートフォンアプリを操作することで、遠隔での駐車・出庫も可能となります。

安全・安心なカーライフをサポート
■アクセサリーコンセント(AC100V・1,500W)をセンターコンソール後端とラゲージルームの2か所に設置。エンジンを始動せずにバッテリーだけで給電する「EV給電モード」、バッテリー残量が低下するとエンジンで発電する「HV給電モード」が選択可能。給電時に室内への虫などの侵入や雨天での雨水の侵入を防ぐ外部給電アタッチメントを標準でご用意し、ドアガラスを閉じたままでの外部給電を可能としました。

外部給電アタッチメント

■限界まで開口幅を広げ、室内に開放感をもたらす「パノラマムーンルーフ」を設定。またPHEVでは、太陽光をより効率よく電気に変える第2世代の「ソーラー充電システム」を設定し、1年間で走行距離約1,250km分に相当する電力を生み出します(※4、※6)。駐車中は発電した電力を駆動用バッテリーに充電し、走行だけでなく、エアコンなどさまざまな機能に電力を供給。走行中は、発電した電力で補機バッテリー系統の消費を補います。

■フロントはトヨタセーフティセンスの単眼カメラ、リヤは電子インナーミラーの後方カメラを活用した、車載型のドライブレコーダーを設定。カメラや配線の後付け感がない、すっきりとした見映えに加え、データはECUに保存することで、SDカードで起こりやすいデータ破損などのトラブルを避け、大切な撮影データをしっかり管理します。

※1)1997年12月~2022年9月現在。プリウス・プリウスPHVのグローバル累計販売台数。トヨタ自動車調べ
※2)2022年3月時点のプリウス・プリウスPHVのグローバル累計販売台数 約499万台をもとに算出。トヨタ自動車調べ
※3)自動車保険、定期メンテナンス、自動車税、故障修理、登録諸費用・税金、車検費用(5年/7年プランの場合)などの諸経費をパッケージ化した月額定額サービス
※4)社内測定に基づく開発目標値
※5)従来型プリウス(1.8L HEV)との比較
※6)太陽光発電協会の定める「表示ガイドライン(平成27年度)」に基づき、駆動用バッテリーへの充電量を算出し、EV走行距離に換算

新型プリウス 特設サイトはこちら
https://toyota.jp/info/prius_special/

新型プリウス ライブ配信の模様はこちら
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/38225412.html

Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2022 Autumn

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。