WEC2024年シーズン第1戦 カタール1812KMTOYOTA GAZOO Racing、新たなカラーリングを得て、過去最多のライバル達との激戦に挑む

Car

TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、2024年のFIA世界耐久選手権(WEC)シリーズチャンピオンを防衛すべく、過去最大となるハイパーカーのライバル達と戦う準備を整えました。

昨シーズン、キャデラック、フェラーリ、プジョー、ポルシェとの接戦を制し、5シーズン連続となるシリーズダブルタイトルを獲得したTGRは今シーズン、新規参入のアルピーヌ、BMW、イソッタ・フラスキーニ、ランボルギーニを含む19台のハイパーカーの中で戦っていきます。

経験豊富で実績のあるドライバーをラインナップに構え、GR010 HYBRID 7号車は、チーム代表の小林可夢偉とTGRでのデビューから10年となるマイク・コンウェイが、TGRのテスト兼リザーブドライバーだった新加入のニック・デ・フリースと共にドライブします。世界チャンピオンに君臨するセバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮は、GR010 HYBRID 8号車で3年連続のタイトル獲得に挑みます。ブエミとハートレーはWEC史上最多となる4度のタイトルを獲得しているドライバーであり、平川は2度のハイパーカー・シーズンのそれぞれで世界チャンピオンとなっています。

今シーズンは、2021年のデビュー以来19戦中16勝を挙げているGR010 HYBRIDが印象的な外観に刷新されました。マットブラックのカラーリングは、TGRのモータースポーツを起点とした、もっといいクルマづくりへのコミットメントと、耐久レースを通じてハイブリッド技術を磨き、絶え間なく進化し続ける姿勢を表しています。

また、車両の各コンポーネントの細かな変更により信頼性も向上していますが、最も目に見える技術的な変更はフロント・ヘッドライトに関するものです。ドライバーからのフィードバックをもとにLEDの仕様を変更し、ウェットコンディションや夜間の視認性を向上させました。また、アメリカ・オースティンとブラジル・サンパウロの反時計回りのサーキットでのピットストップ効率を高めるため、GR010 HYBRIDでは初めて車両の左側でも給油できるように改良されました。

TGRは、長期的にパートナー企業の皆様からの技術的なサポートを受けています。デンソーはアイシンと共にGR010 HYBRIDのフロントモーターを製作し、高性能スパークプラグも供給しています。レイズからは軽量マグネシウム合金ホイールが提供され、エクソンモービルからモービル1・エンジンオイルを提供いただいています。

モータースポーツ活動を通じてカーボンニュートラルな未来を追求するTGRのミッションに沿い、GR010 HYBRIDは今シーズンも100%再生可能なバイオ燃料を使用し、CO2排出量を少なくとも65%削減します。サステナビリティへのさらなる貢献のため、レースではタイヤウォーマーが禁止されています。

持続可能性へ向けた取り組みはサーキットのみでなく、チームの本拠地であるドイツ・ケルンにおいても行われており、新しい中央集中冷却システムを備えた工場により、既に年間約1400トンのCO2削減を実現。カーボンニュートラル社会実現へ向けた重要な一歩を踏み出しています。

2024年シーズンへ向けて改良された最新のGR010 HYBRIDは、2月24日(土)と25日(日)の両日カタールのルサイル・インターナショナル・サーキットで行われるWEC公式プロローグ、プレシーズンテストにおいて初めて一般に披露されます。TGRは昨年11月末に、このカタールのサーキットで既にテスト走行を行っています。

このプロローグが行われる1周5.419kmのルサイル・サーキットはまた、全8戦で戦われるWEC2024年シーズンの開幕戦の舞台でもあります。3月2日(土)に決勝が行われる第1戦カタール1812KMは、現地時間午前11時にスタートが切られ、カタールの建国記念日である12月18日にちなんだ1812km、もしくは最大10時間で競われます。

カタールでの開幕戦を終えると、戦いの舞台はヨーロッパへと移ります。第2戦(4月21日)はイタリア・イモラ、第3戦(5月11日)はベルギーのスパ・フランコルシャン、そして、第4戦(6月15日-16日)のル・マン24時間と、ヨーロッパでの3つのレースを終えると、大西洋を越えて第5戦(7月14日)はブラジル・サンパウロ、第6戦(9月1日)はアメリカ・テキサス州オースティン、そして、第7戦(9月15日)がチームのホームレースである日本の富士で戦われ、恒例となったバーレーンで11月2日に最終戦を迎えます。

(左から)ニック・デ・フリース、小林可夢偉、マイク・コンウェイ

小林可夢偉(チーム代表 兼 7号車 ドライバー)

今シーズンのハイパーカークラスの競争は、これまで以上に厳しくなると思っています。好成績を残していくのはより難しくなると思いますが、その分、特別なものになりますし、チームの皆が本当にやる気に満ちています。昨年、我々は世界耐久選手権でチャンピオンを獲得しましたが、ル・マンでは優勝を逃したので、その奪還が今年の最大の目標です。耐久レースでは、成功するには車のパフォーマンスだけでなく、メカニック、エンジニア、ドライバー全員が完璧に機能するチームワークが必要です。激しい競争の中で、我々はさらにハードにプッシュする必要があり、チーム全員による最高のチーム力が必要だと思っています。我々の今までの経験はアドバンテージになりますし、今シーズンに向けて集中してきました。準備は整っています。

マイク・コンウェイ(7号車 ドライバー)

10年というと長いようですが、過ぎてしまえばあっという間でした。様々なレースカーと、様々なチームメイトと共に多くの楽しい時間を過ごし、思い出深いです。毎年楽しかったですが、今年も同じように楽しめるでしょう。我々7号車は昨年4勝を挙げており、今年もそのままの勢いで戦えることを期待しています。ライバルがさらに増え、戦いはさらに厳しくなりますが、我々には勢いがありますし、それを活かしていかなくてはなりません。カタールは誰にとっても初めてのコースなので、力強いパフォーマンスで良いスタートを切りたいと思います。

ニック・デ・フリース(7号車 ドライバー)

多くのマニュファクチャラーが参戦し、勢いに乗るWECという素晴らしいシリーズに、TGRの一員として参加できることは本当に光栄です。最初のレースを戦うのを長い間待ち望んでいたので、とても興奮しています。長い歴史を誇るこのチームの一員として戦う以上、勝利を目指すのは当然ですし、これまでの勢いを活かして初戦のカタールから上位を争えればと思っています。昨年暮れにカタールではテストで走行しており、準備はできていますし、やっとレースが始められることにわくわくしています。

(左から)セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮

セバスチャン・ブエミ(8号車 ドライバー)

今年はWECのトップカテゴリーにおいて、私が経験してきた中でも最多の台数がグリッドに並ぶので、大きなチャレンジになると思います。我々はGR010 HYBRIDと組織全体の改善に向けて懸命な努力を続けてきたので、上位を争う自信はありますが、もちろん簡単ではないでしょう。カタールが本当に楽しみです。カタールでは去る11月末にテストを行ったので、コースとGR010 HYBRIDで走るフィーリングはわかっています。印象的なコースで、GR010 HYBRIDで走るのは最高ですし、素晴らしいイベントになるでしょう。

ブレンドン・ハートレー(8号車 ドライバー)

シーズン開幕が本当に楽しみです。ライバル勢はさらに強力になり、良いバトルができるでしょう。予選はこれまで以上に重要になりますし、全てのポイント、全てのオーバーテイク、そして、全てのポジションが重要になります。ミスを犯すことなく、チームと一丸となって、全てのポテンシャルを引き出すべく戦う必要があります。世界チャンピオンの防衛がかかっているので、ややプレッシャーはありますが、豊富な経験を持つ素晴らしいチームですし、挑戦へ向けた準備はできていると感じています。

平川亮(8号車 ドライバー)

私にとってTGRでのWEC参戦は3シーズン目となり、チームの一員であるという実感はさらに増しています。8号車を共にドライブするセバスチャンとブレンドンとは、お互いの関係も良く、楽しんでいます。世界チャンピオンを2年連続で獲得できたというのは本当に特別なことで、もちろん今年もその防衛が目標ですが、私自身の最大の目標はル・マンでの優勝です。ハイパーカーのライバルが増え、これまで以上に難しい挑戦となりますが、誰もがとても楽しみにしています。カタールでレースを始めるのが待ちきれません。



【関連記事】

TOYOTA GAZOO Racing、2024年のWRC・WECの活動体制を発表
TOYOTA GAZOO Racing、GR010 HYBRID 7号車が接戦を制しポール・トゥ・ウィンで今季3勝目
富士スピードウェイを満喫! WECから始める国際レースの楽しみ方
TOYOTA GAZOO Racing、24時間の死闘も僅かに及ばず、GR010 HYBRID 8号車が2位表彰台
TOYOTA GAZOO Racing、新時代のハイパーカーバトル初戦を制し、1-2フィニッシュ



Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2024 Winter

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。