Harmony DIGITAL

Buy contemporary art暮らしに芸術性を取り入れる
買える現代アートの世界

Lifestyle

第二次世界大戦以降に発展した芸術であり、現代社会が抱えている問題をひも解き、社会や美術史への批判性を投影している現代アート。その楽しみ方は鑑賞するだけではなく、暮らしに関わるプロダクトに取り入れることで、クオリティ・オブ・ライフはよりいっそう豊かになります。現代アートの成り立ちからおすすめのアイテムまで身近な日用品、生活雑貨としての現代アートの魅力を紹介します。

現代アートに繋がる美術史

現代アートは分かりやすく言うと「伝統的ではなく、古典的ではないアート」。それは同じ時代を生きるアーティストが現代社会の問題や情勢を反映し、批評性をもって表現したアート。感性を刺激するその手法は、絵画以外にも彫刻などの立体、映像、インスタレーションなど多岐にわたり、成り立ちや手法は、アートそのものの歴史を紐解くことでみえてきます。

アートの起源といわれているのが紀元前5000年前のエジプト。太陽神やラーなどの神々の存在を確立していったエジプト文明は、神を信仰するために具体的な象徴が必要になりましたが、当時は文字がない時代です。そこで、洞窟などの壁に絵画として神々を描き出すことで、信仰の対象としての確固とした存在を築き上げました。つまり、アートは信仰を支えるものとして生み出されたのです。

時を同じくしてギリシアでも神々の信仰の対象として彫刻のアートが栄えました。そして、世界の中心がローマに移ると、実業家や権力者など特権階級に向けてギリシア彫刻のコピーがつくられ始め「アートは買うもの」としての概念が広がります。

その後、ルネサンス期で芸術家の地位が向上。美術様式も時代とともに変化し、従来の聖書や神を描いた古典的な作風とは異なる、恋愛や戦争、民衆の生活を写実的に描くことに焦点をあてたロマン主義が生まれます。

ロマン主義の流れをくむ写実主義のバルビゾン派の創設者、ジャン=フランソワ・ミレーの代表作『落穂拾い』

ロマン主義の絵画は写真としての役割も担っていましたが、カメラが開発されたことでリアルな風景を記憶する意味はなくなりました。さらに絵の具チューブの発明によって、芸術家たちは屋外で絵画を描くようになり、カメラには映し出すことのできない自然の緻密な光の色の違いをキャンバスの上で表現していきます。19世紀後半、フランスから始まった印象派です。

印象派の流れを汲むセザンヌは、自然の内にある複数の視点での美術的表現を探求し、その影響を受けたのが、現代アートにも通じる複数の視点から捉えた画像を単一の画像上に表現する「キュビズム」の技法を生み出したピカソです。

スペインのゲルニカ市にあるパブロ・ピカソ『ゲルニカ』の実物大タペストリー。Photo by Papamanila

斬新な現代アートの手法とは

信仰の対象からリアルを追求する時代を経て、文明の発展とともに芸術家の個性が色濃く表現されるようになり、多彩な様式を生み出したアートは、第二次世界大戦後に新たなフェーズに入ります。世界中に悲劇を起こした戦争は、人間の理性そのものの存在を否定するようになり、アートにも色濃く影響を与えます。

その象徴的な存在が“現代アートの父”と呼ばれるマルセル・デュシャンです。
デュシャンが生み出した『泉』という作品は、男性用の小便器を横に倒し、“R.Mutt”とサインしただけのもの。

マルセル・デュシャン『泉』

視覚だけに刺激を与える既存の古典アートへの批評性を内包し、精神的にもインスピレーションを受け、思考を生み出すアートを提唱したデュシャンの作品は「鑑賞者の思考の中で創造的行為が行われることによって作品が最終的に完成する」という、現代アートの手法を生み出しました。つまり現代アートとは、鑑賞者が受け身ではなく作品を通して作者との対話をすることで完成するという手法なのです。

それ以降、ドローイングや詩を織り交ぜながら色彩豊かに社会問題を訴えかけ、ストリートアートを芸術の分野に押し上げたジャン・ミシェル・バスキアや、死んだ動物をホルマリン漬けにしたコンセプチュアル・アート『自然史』で死生観を世に問うたダミアン・ハースト、日本の“OTAKU”カルチャーと日本画的エッセンスを組み合わせ、世界にインパクトを与えている村上隆など、多種多彩な現代美術家が生まれています。

©Shutterstock.com

MoMA Design Storeの現代アートプロダクト

そういった現代アートの発展に最も貢献しているのが、現代という時代を見据えた美術館として1929年に設立されたニューヨーク近代美術館(MoMA)です。独創的な展示と世界最高峰の近・現代美術のコレクションを有することで知られ、MoMAのキュレーターが世界中から厳選し、最新の素材や製造方法、デザインコンセプトにおいて秀逸なプロダクトを扱うMoMA Design Storeには、現代アートを取り入れた日用品や生活雑貨も多数存在します。それらは暮らしに楽しい潤いをもたらすものばかり。実際どういったものがあるのかみていきましょう。

[Seletti Wears Toiletpaper Rug](MoMA Design Store オンラインストア限定)

イタリアのデザイン会社Seletti(セレッティ)と独特な世界観が人気の雑誌TOILET PAPERがコラボレーションしたグラフィックプリントの刺激的なラグマット。大判ラグ用に特別に設計されたインクジェット技術を用いてプリントされ、色の鮮やかさを高めるために熱処理が施されています。アートディレクターのマウリッツィオ・カテランは、MoMAコレクションに作品が収蔵されているアーティスト。

スクエアタイプは全6種類。スクエアFingers 165,000円(税込)。画像提供:MoMA Design Store
ラウンドタイプは全5種類。ラウンドEye & Mouth 121,000円(税込)。画像提供:画像提供:MoMA Design Store

[MoMAアーティスト マスク]

MoMAコレクションから選ばれた作品をフィーチャーした、軽くて付け心地のいい二重構造のマスク。ポリエステル製でコットンの裏地付き。マスクの紐は伸縮性があり調節可能で、ノーズワイヤー入りで快適にフィットします。フリーサイズ。

ゴッホ 2,200円(税込)。画像提供:MoMA Design Store
左:モネ 右:トーマス。各2,200円(税込)。画像提供:MoMA Design Store

[レイモンド・ペティボン:スケートボード](MoMA Design Store オンラインストア限定)

MoMAコレクションに収蔵されているアーティスト、Raymond Pettibon(レイモンド・ペティボン)の作品を再現し、ニューヨークの現代アートギャラリーDavid Zwirner GalleryとThe Skateroomとのコラボレーションで作られた、世界で250枚限定のスケートボード。7層のメープル材で作られ、ナンバリングとペティボンのサインがプリントされています。(※ナンバーは指定不可)

正規品証明書付き。左:『No Title(The raised hands...)』47,300円(税込)。右:『No Title (Boston Brave)』110,000円(税込 ※3枚セット)。画像提供:MoMA Design Store

[MoMAリキテンスタイン Explosion アンブレラ](MoMA Design Store オンラインストア限定)

アメリカンPOPアートの代表的なアーティスト、Roy Lichtenstein(ロイ・リキテンスタイン)の作品『Portfolio9(作品集9)』に収録されている『Explosion(爆発)』のアートワークがあしらわれたクリップレスの長傘。カラフルな傘は雨と憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれます。

直径約104cm。5,280円(税込)。画像提供:MoMA Design Store

[アングルポイズ USB 90 ミニミニデスクランプ]

1932年、自動車エンジニアのジョージ・カワーダインがプリングを用いた重量バランスの技術的理論を考案し、誕生した英国ブランド[アングルポイズ]のランプは、スプリングを用いたタスクランプの元祖。こちらは1970年のオリジナル作品「Model90」をインスピレーションにデザインされたスタイリッシュな最新バージョン。コンパクトで様々なシーンに使えるだけでなく、シェード内には調光可能な省エネLEDモジュールが内臓され、最大2万時間の集中光を必要な場所に届ける機能性が魅力的。

ランプにはUSB電源が採用され、携帯性および柔軟性にも優れている。左からスチームブルー、ウォームシルバー、カーボンブラック。各19,800円(税込)。画像提供:MoMA Design Store

美術館のように楽しめるミュージアムショップ

暮らしに身近な現代アートのプロダクトは、実際に見て触れることで魅力が体感できるもの。おすすめのショップはこちらです。

MoMA Design Store 表参道

MoMAの海外初となるミュージアムショップ。本国MoMAのキュレーターが厳選した、実際に美術館のコレクションとして収蔵されているMoMAコレクションをはじめ、MoMAでしか手に入らない限定品、MoMAのためにデザインされたMoMAロゴのプロダクトが手に入ります。まるで美術館を訪れているような心が躍る体験をぜひ。

画像提供:MoMA Design Store

NADiff contemporary

東京都現代美術館内にあるミュージアムショップ。現代アート関連書籍をはじめ、多様なアーティストやクリエイターによるユニークなプロダクトが取り揃い、現代アートのスピリットを持ち帰ることができる「ここでしか出合えないモノ・コト」を発見、体感できます。展覧会図録や東京都現代美術館オリジナルグッズなども販売。

画像提供:NADiff contemporary

心を豊かにする現代アートのプロダクトを暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。

【取材協力】

■MoMA Design Store 表参道

https://www.momastore.jp
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
問い合わせ:03-5468-5801
営業時間:11:00〜20:00
定休日:年中無休(年始・ビル休館日を除く)

■NADiff contemporary

http://www.nadiff.com/?page_id=180
東京都江東区三好4-1-1 東京都現代美術館1F
問い合わせ:03-5875-9959
営業時間:10:00〜18:00
定休日:美術館休館日

2022 Spring

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。