プロゴルファー・兼濱開人が状況別に解説ウェッジよりもパターやショートアイアンで「転がして寄せる」ほうが良い状況とは?
【初心者を脱したゴルファーが『100』を切るためのレッスン】

Lifestyle

ゴルフには“スコアの壁”がつきもの。ビギナーを脱したアマチュアゴルファーに立ちはだかるのがスコア100の壁だ。これを乗り越え「100切り」を達成するにはどうすればいいか? プロゴルファー・兼濱開人が状況別に解説。今回は「転がし寄せたい状況」について教えてもらおう。





グリーンに近い距離からグリーンオンを狙う一打ではウェッジだけでなく、状況次第ではパターやショートアイアンで転がすという、よりセーフティな選択を取るのも一つの手とよく語られる。ではそもそもなぜ転がしはセーフティなのか。

パターやショートアイアンで転がすアプローチをする際に考えるべきこととは?

「パターやショートアイアンでの転がしがよりセーフティなのは、ボールを浮かせて飛ばすウェッジよりもトップやダフリが起きづらいからです。もしダフれば最悪乗せられないですし、トップしたらピンを大きく飛び越えてしまうリスクがあります。とくに100切りを目指すゴルファーにとって打点のミスはハードルと言えますから、それを減らせる転がしでの寄せはかなりアリですね」(兼濱、以下同)
転がしでの寄せがとくに有効なのは「ざっくり言うと、ピンをオーバーしたくない状況ですね」という。
「例えばピン奥が下りの傾斜になっていたり、エッジからピンまでの距離が短いときですね。写真Aは、ぱっと見では『パターじゃないでしょ』と感じる距離かもしれませんが、エッジからピンまでの距離が短いうえにピン奥は下りの傾斜という転がしにぴったりな状況なんです」

写真A:エッジからピンまでの距離が近くピン奥は下り傾斜と、リスクを避けられる転がしでの寄せにピッタリな状況だ。
ボール位置からエッジまでは距離があるように見えるが十分転がして寄せられる範囲内だという(写真は千葉県・太平洋クラブ八千代コース11番ホール)

転がして寄せる選択をした際にまず目標とすべきは「グリーンエッジまで到達させてグリーンオンすること」だと兼濱。
「せっかくセーフティな選択をしたのに2打かけてしまってはもったいなさ過ぎますからね。とにかくグリーンオンが第一優先で、あとは惰性で転がって少しでもピンに近づいてくれればいいな、くらいで考えましょう。ボール位置から確実にグリーンエッジまで届かせるには、グリーンエッジまではどのくらいの勢いが必要かを考えます。僕はパターで転がす際は『サンドウェッジで打つならどのくらいの振り幅か』をイメージしますね」
パターよりも、もう少し勢いが欲しければショートアイアンを選択するのが吉。「ショートアイアンなら、何回バウンドしてグリーンに届かせるかをイメージしましょう」とのことだ。

飛ばしたい距離や自分の得手不得手に応じて、パターとショートアイアンを使い分けてみよう

「『ボールを上げなきゃいけない』という気持ちから、打点のミスが起きてしまうよりも、最初から『転がしである程度近づければ御の字』と考えたほうがハードルも低いですし、余計な心労もありません。転がせる状況ではぜひ狙ってみてください」

協力/太平洋クラブ八千代コース

【関連記事】


Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2024 Spring

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。