Harmony DIGITAL

NIPPON地域のとりくみ【宮崎編:3】家族移住で民家を自らリノベーション。
DIY系YouTuberが副業の日々
text:Haruko Hamahori, 
photos:Hiroshi Mizusaki

Travel

南国のリゾート地を思わせる自然が広がる宮崎市と日南市。日南市で、昭和初期に建てられた古い一軒家をセルフリノベーションしながら暮らしている、家族移住を果たした森谷家を、黒田泰裕さんが訪ねました。

過去の記事はこちらから

巡る人
株式会社油津応援団
黒田泰裕さん

宮崎県生まれ。日南商工会議所で2012年より事務局長を務める。2014年に退職して日南市の「油津応援団」設立に加わり、2年後、代表取締役に就任。油津商店街を再生に導いた立役者のひとり。中小企業診断士としても活躍している。

移住成功で、家族時間も
やりたいことも増幅中

最後に訪れたのが2020年4月に大阪から日南市に移住した森谷さん一家。昭和初期に建てられた古い一軒家をセルフリノベーションして、自分たちらしい暮らしに変換中だ。

「夫婦共働きで休みも合わない生活だったのが嘘のようです」と圭作さん。暖かい地域に移住したいと広範囲で探すなか、日南市に興味を持ち、今の住まいと出合って家族移住を決めたという。同時期に、家を自ら改修しながらの暮らしを紹介するYouTube動画『移るんです。vlog』を配信しはじめ、今ではチャンネル登録者数1万人を超える。

「両親に孫の顔を見せられて、本業の美容室の告知になればとはじめたのですが、この反響に驚きです」と夫婦揃って微笑む。

自宅併設の美容室「nomads」の改修は業者に依頼。床と壁は古材を使った趣ある仕上がり。
既存のキッチンを再利用してDIYで対面式キッチンにアレンジ。
「DIY工具は必要最小限で電動ドライバーと電動丸ノコくらいです」と圭作さん。
通称「漫画部屋」。自作の本棚は壁にジャスト。

黒田さんが日南市での暮らしをたずねると「自然が多いのに、便利。それに中高生が道すがらあいさつしてくれたり、小学生の我が子の初登校日に同級生の子が迎えに来てくれたり、近所の人は新鮮な野菜や魚を届けてくれたり......もう優しい人ばかり」と祐子さん。圭作さんも「家族時間が増えて、美容室も半年先まで予約でいっぱいです。DIYはいつも試行錯誤ですが、それが自信につながって、サーフィンや出張美容室など次の挑戦へと広がっています」と語る。

黒田さんも「まちの規模感と森谷家の生活スタイルが合っていて、地域交流も円滑な様子で嬉しい限り」と目を細める。ローカルトークに花が咲き、新しい日常の輪がまたひとつ、笑顔とともに広がった。

【施設情報】
nomads

住所:宮崎県日南市木山1-7-16

2022 Winter

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。