Harmony DIGITAL

DISPLAY AUDIOスマートフォンの機能を
車内で快適に使える連携サービス

Car

トヨタのニューモデルに標準搭載されるようになったディスプレイオーディオ。スマートフォンと連携させて、日々アップデートされる地図アプリをカーナビとして使ったり、ハンズフリー通話を楽しんだりすることができるようになりました。サブスクリプションの音楽やオーディオブックを聴くことも可能に。また、緊急時に頼りなる『T-Connect』にも対応しています。ディスプレイオーディオでカーライフの未来が変わるはず。

日々進化するスマートフォンのナビアプリを
カーナビとして使える

毎日の移動にスマートフォンのナビゲーションアプリを使っている方も多いのではないでしょうか。日々進化するナビアプリは便利な一方で、カーナビとして使うには操作性の問題があったり、そもそも運転中のスマートフォン操作ができなかったりで、高いハードルがありました。

ところが、トヨタがニューモデルに標準搭載している『ディスプレイオーディオ』であれば、手になじんだスマートフォンと愛車をつなげることができるのです。ディスプレイオーディオとは、運転席に搭載されているディスプレイとスマートフォンをワイヤレスで連携させて、スマートフォンと同じ感覚でディスプレイをタッチしながら操作できるというもの。便利かつ安全ということで、マーケットでは大きな注目を集めています。

ディスプレイオーディオで最も使いやすいのが地図アプリです。Googleマップをディスプレイオーディオで使えば、大きな画面で見やすさも抜群。さらに音声で目的地を設定することができるので、文字入力の必要すらありません。お店であれば、営業時間や電話番号なども表示してくれるので便利です。地図の更新やアップデートはナビアプリ側で行われるので、進化のスピードが圧倒的に早いのも特徴。車載ナビでは弱点だった部分を、見事に補ってくれるのです。

道路の変更への対応の遅さは、車載ナビの弱点だったところ。日々アップデートされるスマートフォンのアプリならば、常に新しい情報が取得可能

また、ドライブといえば、欠かせないのは音楽。これまでは、CDを何枚も車に持ち込んでいたという方も多かったのではないでしょうか。ディスプレイオーディオでは、いつもスマートフォンで聴いている音楽のサブスクリプションを車内で楽しめるので、お気に入りの音楽やプレイリストを車の中でも流すことができるのです。

通話やメッセージを送信する際も、車を停車させる必要はありません。音声でメッセージを入力・送信できるので、運転しながら電話をかけることができます。また、最近利用者が増えているオーディオブックが気軽に使えるのも魅力です。忙しくて本を読む時間がないという方も、話題のビジネス書を運転しながら耳から聞くことができるのです。

トヨタのコネクテッドサービス『T-Connect』が使える 

もうひとつの魅力として挙げられるのは、トヨタが提供するコネクテッドサービス『T-Connect』が使えること。T-Connectはユーザーと車、トヨタスマートセンターを結ぶシステムで、ユーザーはお手持ちのスマートフォンを通信、車と離れた場所にいてもさまざまな操作をすることができます。車両のロック・アンロックをスマートフォンでできるのはもちろん、たとえば遠隔操作で車のエアコンのON・OFFを行ったり、ドアのロック状態の確認やハザードランプの消灯をしたりなどの操作も可能です。

さらに、オペレーターサポートや事故・急病時の緊急通報、盗難時の車両位置追跡、車の状態確認など、いざというときに使えるさまざまなサービスも提供されます。運転中の事故や急病、また近年心配なあおり運転などに遭遇した場合、簡単操作でオペレーターとつながり、消防や警察に緊急通報することが可能です。

ディスプレイオーディオには、このサービスを使うためのDCM(Data Communication Module)と呼ばれる車専用通信機が装着済みなので、会員登録するだけで5年間は無料で利用することができるのです。

使い慣れたアプリを運転中にも使えるのは大きなメリット。運転のストレスも軽減される

アプリをダウンロードして
使い慣れたスマートフォンを車内で連携

スマートフォンが必須のディスプレイオーディオでは、スマートフォンのOSによって使えるテレマティクス環境が異なります。その代表的なものが、Apple『CarPlay』、Google『Android Auto』、どちらも使える『SmartDeviceLink』。ディスプレイオーディオとスマートフォンを連携させるには、これらのアプリをスマートフォンにダウンロードする必要があります。

アプリはそれぞれが独自の機能を有していて、対応しているサービスも異なります。例えば『CarPlay』は、iPhone純正マップやGoogle Map、高い評価を受けているナビタイムジャパンの『カーナビタイム』、無料アプリとして人気の『Yahoo!カーナビ』や、ユーザー同士で情報を共有するナビゲーションアプリ『Waze』などたくさんのサービスを利用することができます。Android Autoに関しては、『カーナビタイム』『NAVITIMEドライブサポーター』などが続々と対応を始めています。SmartDeviceLink(SDL)は、どのOSでも使えるのが魅力。人気の『LINEカーナビ』や『LINE MUSIC』など、対応アプリも日々増えています。『CarPlay』『Android Auto』を使うための追加料金(3万3000円)も必要ありません。

T-Connectがあれば緊急時も安心。もはやカーライフには欠かせない存在になりつつある

トヨタでは、2019年秋に発売したカローラのニューモデルから、ディスプレイオーディオを標準搭載しています。オプションのナビではなく、最初から車体にディスプレイオーディオを組み込むのは画期的なこと。その後も、マイナーチェンジした『アルファード・ヴェルファイア』や『C-HR』『カムリ』、さらには20年冬に発売した新型『ヤリス』など、ディスプレイオーディオの車種を続々と広げています。21年も新型『アクア』や、特別仕様車の『プリウス』、22年の新型『ノア』『ヴォクシー』にも標準装備しています。

ドライブシーンを劇的に変化させるディスプレイオーディオ。ぜひ体験してみませんか。

2022 Summer

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。