TOYOTA bZ4Xあれ…こんなにカッコよかったっけ…?
トヨタ初の量産BEV「bZ4X」一部改良でついに一般販売開始
文/ベストカーWeb編集部、写真/森山良雄、トヨタ自動車

Car

2023年10月25日、トヨタ自動車は同ブランド初の量産BEV「bZ4X」の一部改良を発表した。これまでサブスクサービスであるKINTOのみの扱いだった同車の一般販売を開始し、急速充電時間の(低外気温下における)充電時間短縮、価格を抑えた「Gグレード」の追加設定なども合わせて実施した。

「国」と「自治体」の補助金を合わせると130万円安くなる

太陽の下で改めてみると、「おっと、こんなにカッコよかったっけ?」と感じたトヨタbZ4X。2022年5月に正式発表となったものの日本市場ではサブスクサービスのみの扱いだったり発表直後にリコールが出たりで、バタバタしていたこともあり、ノーマークだったユーザーも多いのでは。

東京ビッグサイトで開催中の「ジャパンモビリティショー」、ASV/ZEV試乗体験会(実施会場:東屋外駐車場)にて試乗できます。要Web予約

BEVとしてのポテンシャルは高く、走行性能もしっかり「トヨタのミドルクラスSUV」していて快適ではあるが、なにしろ日本市場では販売機会が限られていることから、当サイトでも一般メディアでも扱いが難しかった。

そんなbZ4X、あのトヨタが苦労して研究しながら仕上げているだけあって「伸びしろ」は大いにある。

今回の一部改良の最大のポイントは「全国約4,400店舗のトヨタ販売店を通じて現金一括、残価型ローンなどを利用した一般販売を(11月13日より)開始した」ということ。やっとか。やっとです。

室内の使い勝手のよさやドライブフィールは「トヨタのSUV」なので、そこは心配ご無用

【メーカー希望小売価格(消費税込み)】

Gグレード:FWD 5,500,000円/4WD 6,000,000円
Zグレード:FWD 6,000,000円/4WD 6,500,000円
(※「国からの補助金」は2023年度は85万円、「地方自治体からの補助金」は地域によって異なるが東京都で2023年度の場合は45万円で、合計130万円の購入補助が受けられる)

廉価グレードの「G」は、フロントバンパーやホイールアーチモールの塗装が(「ブラック塗装」から)材着(材料着色/つまり無塗装)になっていたり、デジタルインナーミラーが自動防眩ミラーになっていたり、ハンズフリーパワーバックドアが手動になっていたりと、細々した装備差によるもの。

補助金を受けると420万円、となるとハリアーHVとほぼ同程度の価格帯まで下がってくる。このクラスとガチで勝負できるなら、選択肢に入ってきそう

550万円から補助金を引いて420万円、そのうえ各種税金の優遇を受けられて、燃料費も安くなるのであれば、これかなり真面目に購入候補に入ってくるのではないだろうか(なお先行して販売している北欧市場ではかなり売れています)。

以下、トヨタからの公式リリースを引用します。細かくコツコツ改良していて、実にトヨタらしい。「充電中における車両充電状態の情報を、メーター表示に追加」とか、地味だけどすごく便利になった。

【bZ4Xの主な改良点】

1.急速充電時間の改善

・冷間時のバッテリー暖機性能向上等により、低外気温下における充電時間を短縮(駆動用電池充電警告灯点灯からSOC(State of Charge(充電量))約80%までの充電時間を最大30%削減)

2.BEVとしての実用性向上

・消費電力の抑制と空調制御の最適化により、実航続距離を延伸。
・電費向上に貢献するAUTO(ECO)モードを自動起動化。消費電力が高いエアコンへの依存度を下げ、シートヒーター・ステアリングヒーター等を通じて直接的に乗員を暖めることで、省電力を実現
・空調制御の最適化を行い、消費電力を抑制(含、AUTO(ECO)モード時以外)
・湿度センサーを採用し、フロントガラスの曇りを検知し、外気取り込みのタイミングをより精密にコントロール
・充電中における車両充電状態の情報を、メーター表示に追加
・現充電残量から、長距離ドライブ時などの急速充電器使用時に重要となる80%までの充電時間と、現充電残量でのエアコンON・OFF別の走行可能距離をメーターに表示

3.装備の充実

・後席シートヒーター、助手席8Wayパワーシート、ブラック塗装のホイールアーチモールをZグレードに標準装備
・フラッシュハザードランプ(後方車両への接近警告)を全車に標準装備

4.Gグレードの追加設定

・必要な機能や装備を厳選し、価格を抑えたGグレードを新設定(主な装備 : 18インチアルミホイール、4眼LEDヘッドランプ、12.3インチHDディスプレイ等)
・Gグレード(FWD)のWLTC一充電走行距離は567km(WLTCの一充電走行距離は従来と変わりません/ Zグレード(FWD)のWLTC一充電走行距離は559km)



【関連記事】

これぞ毎日乗れる「エブリデイEV」だ! bZ4X
新型BEV、bZ4Xを5月12日に発売
専用プラットフォームの新型BEVいよいよ年央に発売
トヨタが導入を計画している次世代のEV、TOYOTA bZシリーズとは?

トヨタファイナンスの自動車クレジット診断で、あなたに合った最適な支払いプランを探しませんか?
おクルマのお支払いに関するイメージを選ぶだけで、あなたにぴったりな買いかたがわかります!

トヨタの自動車クレジット診断 トヨタの自動車クレジット診断

Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2024 Winter

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。