TOYOTA CROWN SPORT新型クラウン(スポーツ)のPHEVを発売

Car

TOYOTAは、12月19日から新型クラウン(スポーツ)のプラグインハイブリッド車(PHEV)を発売しました。

SPORT RS(2.5Lプラグインハイブリッド車)<オプション装着車>

今回新設定したPHEVは、クラウン(スポーツ)が追求する「楽しい走り」をさらに昇華させるべく、ハイブリッド車(HEV)の上質さを基盤に、よりクルマを操る楽しさを味わえるスポーティな味付けにこだわりました。また、感性に響く「美しいデザイン」はそのままに、走りの味付けにふさわしい専用装備も採用し、よりスポーティな印象を創出しています。さらに、大容量リチウムイオン電池を搭載し、実用的なEV走行航続距離を備えるなど、運転する楽しさと環境性能も両立させています。

今回のPHEV、クラウン(クロスオーバー)のHEV、クラウン(スポーツ)のHEV、クラウン(セダン)のHEVと燃料電池車(FCEV)は、カーボンニュートラルに向けた重要な選択肢の1つです。トヨタ自動車は、今後もマルチパスウェイを軸に、多様なニーズに応える選択肢を増やしながら電動車の普及を目指し、カーボンニュートラルの実現に貢献していきます。

車両概要

1.PHEVならではのより「楽しい走り」

2.5Lプラグインハイブリッドシステム

出力密度の高い駆動用モーターを搭載。システム最高出力※1は225kW(306PS)に達し、モーターを最大限活用することでシームレスかつ力強い加速を実現しました。

大容量リチウムイオン電池を車体中央の床下に配置。車内空間を損なわずに実用的なEV走行航続距離を備え、日常生活の大部分をEV走行でカバー。満充電状態でEV走行距離は90km※2を、ハイブリッド燃費は20.3km/L※3を達成しています。ガソリンタンク容量も55Lを確保し、航続距離は1,200km以上※4を実現しています。

2.5Lプラグインハイブリッドシステム

走りを支える技術

プラグインハイブリッドシステムが生み出すパワーは、E-Four(電気式4WDシステム)によって余すことなく四輪に分配。卓越した走行安定性を実現するとともに、コーナリング中をはじめ、降雪時や雨天時の走行においても安心感を向上させました。

SPORT Zグレードをベースにフロアトンネル部へのブレース追加など、ボディの最適な剛性バランスをさらに追求。そのつくり込んだボディ剛性に対して、前後ショックアブソーバーの摩擦特性と減衰力特性を最適化。路面状況や運転操作に応じ、ショックアブソーバーの減衰力を4輪独立で制御するAVS※5を採用し、しなやかな動きと接地感のあるフラットな乗り味を実現します。

手元の操作でスムーズなシフト操作が可能なパドルシフトを採用しました。

前輪は20インチベンチレーテッドディスクブレーキを採用。また、専用20インチ対向6ピストンアルミキャリパーを設定し、制動力を向上させるとともにスポーティイメージを醸成しました。フロント・リヤともにブレーキのキャリパーに赤色塗装を施しました。

※1/エンジンとリチウムイオンバッテリーにより、システムとして発揮できる出力(トヨタ自動車算定値)
※2/WLTCモード・充電電力使用時走行距離。国土交通省審査値。エンジン、駆動用バッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(所定の車速を超える)などによっては、バッテリー残量に関わらずEV走行が解除されエンジンが作動します
※3/国土交通省審査値。WLTCモードは市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
※4/国土交通省審査値(WLTCモード)より単純計算にて算出した目安。計算例として、EV走行概算値90km+(ハイブリッド燃料消費率20.3km/L×燃料タンク容量55L)=1,206km
※5/Adaptive Variable Suspension

2.PHEVならでは利便性の追求

発電・給電機能

普通充電時にパワースイッチをONにすると、外部電源の電力を利用してエアコンやオーディオの使用が可能になる「マイルームモード」を搭載。エンジンをかけずに車内で快適に過ごすことができ、車内をもう1つの部屋としてテレワークや休憩などに活用いただけます。

停電・災害時などの緊急時やアウトドアに役立つ、最大1,500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備。センターコンソールボックス後端とラゲージ内に設置されたアクセサリーコンセントに加え、付属のヴィークルパワーコネクターを充電インレットに差し込むことで、AC100V/1,500Wの外部給電コンセントとしても活用いただけます。

普通充電に加え、急速充電を設定。充電時間も普段の200V用充電ケーブルを使った場合と比べ、約38分(満充電量の約80%)※6と大幅に短縮できます。

クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H(ブイツーエイチ)※7”も設定。災害などの停電時でも、頼れる“蓄電池”として活用いただけます。急速充電インレットに、外部給電機能(V2H)※8を設定し、V2H機器(別売)と接続することで、駆動用バッテリーに蓄えた電力を、家庭用電力として利用することができます。あわせて、住宅の太陽光発電などで生じた余剰電力を、車両の駆動用バッテリーに蓄電することも可能としており、ムラのない電力の需要と供給に効果が期待されます。

レジャーやアウトドアで役立つ、バッテリーにためた電力を外部に給電できる「EV給電モード」と、停電や災害などの非常時にクルマを電源として活用できる「HEV給電モード」を設定。HEV給電モードでは、はじめはバッテリーのみで給電し、バッテリーが一定の残量を下回るとエンジンがかかり給電を継続。バッテリー満充電・ガソリン満タンの状態から約6.5日分※9の電力を供給可能。給電用の装備として、室内への虫などの侵入や雨天での雨水の侵入を防ぐ外部給電アタッチメントを標準で装備し、ドアガラスを閉じたままでの外部給電を可能としました。

※6/社内測定値。駆動用電池の残量や温度・外気温・接続した電源の状態・充電器(スタンド)の仕様などにより変わります。50kW(最大125A)以上の急速充電器(スタンド)を使用した場合の充電時間。
※7/V2HVehicle to Home
※8/急速充電インレット(外部給電機能[V2H]付)から取り出したDC(直流)電力を住宅へ供給するには別売りの「V2H機器」が必要
※9/一般家庭が日常使用する電気量1日当たり10kWh(1時間当たり400W)で換算

3.スポーティさをより際立たせるPHEV専用装備

外形デザイン

クラウン(スポーツ)の美しさを足元から支える21インチ大径広幅タイヤとマットブラック塗装を施した専用アルミホイール。特徴的なトリプルスポークと細いレイヤースポークで、プレミアムでスポーティな意匠をより強調しました。

内装デザイン

華やかなブラック&センシュアルレッドを運転席と助手席で左右非対称に配色。運転への高揚感をより高めるとともに個性とスポーティさを際立たせました。また、新開発の光輝材を入れた表皮を組み合わせることで強い陰影と鮮やかな発色を両立しました。フロント&リヤ席のシートベルトにも赤色を採用しました。

ドライバーがしっかりと身を預けられるホールド感と、より運転への高揚感を高める赤いステッチを施したスポーツシートを採用しました。

SPORT RS(2.5Lプラグインハイブリッド車)
SPORT RS(2.5Lプラグインハイブリッド車)

販売概要

月販基準台数:300台/月

生産工場

トヨタ自動車(株) 堤工場

メーカー希望小売価格

(消費税込み、単位:円)

  パワートレーン 駆動 価格※
SPORT RS リダクション機構付のSeries Parallel Plug-in Hybrid
(A25A-FXS 2.5Lダイナミックフォースエンジン)
E-Four 7,650,000

※/価格は、一部の地域で異なります。リサイクル料金は、別途必要となります。


クラウン(スポーツ)の情報はこちら

新型クラウンの詳細はこちら



【関連記事】

クラウンブランド第2章の幕開け、クラウン スポーツ発表イベントレポート
新型クラウン(スポーツ)を発売-新しいカタチのスポーツSUV、走りの楽しさをあらゆる人へ-
2023年10月に登場予定!!新型クラウンスポーツが売れるといえるワケ
変革は本物か? 新生クラウンの第2弾「スポーツ」プロトタイプを試す
今年発売「新型クラウンスポーツ」とハリアーの魅力を考察!

トヨタファイナンスの自動車クレジット診断で、あなたに合った最適な支払いプランを探しませんか?
おクルマのお支払いに関するイメージを選ぶだけで、あなたにぴったりな買いかたがわかります!

トヨタの自動車クレジット診断 トヨタの自動車クレジット診断

Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2024 Winter

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。