Illumination drive冬の美景を求めて
ファミリーで楽しむイルミネーションドライブ

Travel

画像提供:あしかがフラワーパーク

澄んだ夜空をきらびやかに照らし、非日常の色鮮やかな世界を創り出す――。それほどイルミネーションがもっとも美しく映えるのが、クリスマスやニューイヤーシーズンを迎える冬です。日本ではこのシーズンに全国各地でイルミネーションイベントが開催され、その演出は年々進化してます。そこで今回、ファミリーでドライブとともに気軽に楽しめるイルミネーションスポットを厳選して紹介します。

進化した日本のイルミネーション

夜をきらびやかに彩るイルミネーション。そのはじまりは16世紀、ドイツの神学者マルティン・ルターが夜、森を歩いていた際にきらめく星の美しさに感動し、木の枝にロウソクを飾ることでその美景を再現したことと伝わっています。

日本でイルミネーションが始まったのは明治時代。大阪や東京で開催された内国勧業博覧会で盛大なイルミネーションが飾られ、年々豪華になりながら国内でも定着し、現在ではプロジェクションマッピングなどデジタル技術も取り入れた豪華絢爛なイルミネーションが楽しめるように進化しました。

画像提供:神戸イルミナージュ

そんなイルミネーションがもっとも映えるのはクリスマスやニューイヤーなどの大きなイベントが続く冬。夜の時間が長く、空気が澄んでいるので光がきれいに見えるこの時期は、全国各地で趣向を凝らしたイルミネーションイベントが開催されます。

そこで今回、東北・関東・関西エリアで、ドライブとともにファミリーで楽しめるイルミネーションスポットを厳選しました。

心奪われる絶景イルミネーションスポット

■宮城県/2023 SENDAI光のページェント

(東北自動車道[仙台宮城IC]より車で約15分)

杜の都・仙台で行われるこのイベントは全国的に高い知名度を誇る仙台の冬の風物詩。1986年に市民ボランティアの「冬の仙台を明るくしたい」という想いから始まり、38回目を迎える今年は「感謝の煌めき」をテーマに、仙台市都心部の定禅寺通のケヤキ129本に約50万球のLEDが灯されます。

画像提供:SENDAI光のページェント実行委員会

定禅寺通にのびる4列のケヤキ並木がオレンジ色の温かな光に包まれる「光のトンネル」をつくり、その幻想的な光景に目を奪われます。雪が降る夜はよりロマンティックに夜を彩ります。

画像提供:SENDAI光のページェント実行委員会

2023SENDAI光のページェント
開催期間:2023年12月8日(金)~12月25日(月)
開催場所:仙台市定禅寺通(東側:仙台三越前~西側:定禅寺ガーデンヒルズ迎賓館前)
点灯時間:月~木曜19:00~22:00、金・土曜18:00~22:00、日曜18:00~21:00

■宮城県/松島ハーバーライト in 宮城県松島離宮

(三陸自動車道[松島海岸IC]より車で約6分)

何千年も前から地層が形成された松島は、平安時代から多くの歌人、俳人が歌を詠み、その風光明媚な情景を今に残す名勝地。この地にある商業施設「宮城県松島離宮」で開催されるこのイベントは、庭園や奥に広がる山のイロハモミジなどの木々約300本に7色の電球16万球を灯した光・音・映像が織りなすイルミネーションです。

画像提供:宮城県 松島離宮

ライトアップと連動した映像が松島湾を模した庭園内の水盤に映り込み、光と星と月による美しいコラボレーションが楽しめます。7分間に1分消灯し、シャンパンゴールドと7色の2パターンに切り替わります。また、16万球のなかには「見つけた人だけ願いが叶う幸せの光」というプリンセスパール球が3つあるので、探してみてください。

画像提供:宮城県 松島離宮

松島ハーバーライト in 宮城県松島離宮2024
開催期間:2023年12月8日(金)~2024年3月31日(日)
開催場所:宮城県松島離宮(宮城県宮城郡松島町松島字浪打浜18番地)
点灯時間:16:30~21:00

■千葉県/東京ドイツ村ウインターイルミネーション2023-2024

(館山自動車道[姉崎袖ケ浦IC]より車で約5分、圏央道[木更津東IC]より車で約10分)

東京ドイツ村は、約27万坪の広大な敷地のなかに、ドイツの建築様式や彩り豊かなフラワースポット、アトラクションが広がるテーマパークです。冬に人気のイルミネーションは今年で18回目を迎え、今回は「ガリヴァー旅行記」をコンセプトに、300万球の電球が点灯。ガリヴァーが旅した4つの国のなかから「巨人の国」「小人の国」にフォーカスし、巨人の家の不思議なドアをくぐって冒険の旅が始まります。

画像提供:東京ドイツ村

音楽に合わせてイルミネーションが変化し、シャボン玉も登場する「光と音のショー」やイルミネーションを鑑賞する人も風景と一体化した「光の地上絵」、お馴染みの「虹のトンネル」など、多種多彩な体験型のイルミネーションは写真映えも抜群で、忘れられない一夜を約束してくれます。

画像提供:東京ドイツ村

東京ドイツ村ウインターイルミネーション2023-2024
開催期間:2023年10月27日(金)~2024年4月7日(日)
開催場所:東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市永吉419)
点灯時間:日没後~20:00(最終入園19:30)

■栃木県/あしかがフラワーパーク Flower Fantasy~光の花の庭 2023~

(東北自動車道[佐野藤岡IC]より車で約20分、北関東自動車道[出流原スマートIC]より車で約15分)

あしかがフラワーパークは、8つの花の季節をテーマにした庭園をはじめ、四季折々の花々が楽しめる“花の芸術村”。中でも壮大かつ豪華絢爛なイルミネーションは、「イルミネーションアワード イルミネーション部門」で7年連続1位、2022年には日本三大イルミネーションにも認定され、全国でも有数の人気を誇ります。

画像提供:あしかがフラワーパーク

22回目の開催となる今回は、日本の四季「こころの故郷」が大幅リニューアル。初の試みとなるプロジェクションマッピングがイルミネーションと融合し、花と光が織りなす情緒あふれる別世界へと誘ってくれます。

画像提供:あしかがフラワーパーク

さらに、旅する列車がバラの花吹雪が舞う中世の壮大な草原から宇宙へと飛び立つ演出に心が躍る「光のバラ園~ハピネスガーデン~」や、花・光・音が演出するショーが感動体験を生み出す「フラワーキャッスル」など、10万㎡にもおよぶ敷地のなかでは、500万球を超えるイルミネーションでここでしか見ることのできない作品を展示。目を奪われる美しさだけでなくストーリーも満喫できるのも魅力です。

画像提供:あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク Flower Fantasy~光の花の庭 2023~
開催期間:2023年10月18日(水)~2024年2月14日(水)
開催場所:あしかがフラワーパーク(栃木県足利市迫間町607)
点灯時間:17:00頃~20:30(土日祝は~21:00)
※2023年11月3日(金)~2024年1月8日(月)は平日21:00、土日祝21:30まで(予定)

■兵庫県/神戸イルミナージュ ~シークレットガーデン~

(六甲北有料道路[大沢IC]降りてすぐ)

「神戸イルミナージュ」は関西最大規模のイルミネーションイベント。今シーズンは「シークレットガーデン」をテーマに幻想的なイルミネーションが展開されます。見どころは見目麗しいパレスシリーズ。荘厳な「ピンクパレス」、氷の世界観を表現した「アイスパレス」に続く第3弾として今回は優美な「アラビアンパレス」が登場します。

画像提供:神戸イルミナージュ

また、イルミネーションで表現したさまざまな恐竜に出会える「ジュラシック迷路」や家族みんなで協力しながら音を鳴らし光をつくる巨大な「イルミピアノ」など、参加型のアトラクションも満喫できるのもうれしいところ。フォトスポットも多数あるので、この冬の思い出作りに最適なイベントです。

画像提供:神戸イルミナージュ

神戸イルミナージュ ~シークレットガーデン~
開催期間:2023年11月1日(水)~2024年2月12日(月・祝)
開催場所:道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク(兵庫県神戸市北区大沢町上大沢2150)
点灯時間:17:30~21:30

■京都府/京都イルミネーション シナスタジアヒルズ るり渓温泉

(京都縦貫道[千代川IC]より約30分、阪神高速[池田木部IC]より約40分)

「京都るり渓温泉 for REST RESORT」にある一年中イルミネーションが楽しめるナイトスポット。共感覚(シナスタジア)をコンセプトに、気鋭のアーティストによる光のアートに壮大な音楽が融合し、光の森に迷い込んだかのような非日常を体感できます。

画像提供:京都るり渓温泉 for REST RESORT

7色の光の渦に包まれる「スパイラルライトトンネル」や夜空に浮かぶ日本最大級のオーロラに思わず息をのむ「オーロラエクスペリエンス」、蓮をモチーフに色彩豊かな光の粒が湖面を舞う「クリスタルレイク」など、るり渓の自然に調和した12の芸術的な光の世界は、五感を刺激しながら未知の世界へと導いてくれます。

画像提供:京都るり渓温泉 for REST RESORT

京都イルミネーション シナスタジアヒルズ るり渓温泉
開催期間:通年
開催場所:京都るり渓温泉 for REST RESORT(京都府南丹市園部町大河内広谷1-14)
点灯時間:日没~22:00(最終入場21:30 ※季節により変動。メンテナンスなどによる休館予定あり)

イルミネーションを美しく撮影する3つのポイント

画像提供:神戸イルミナージュ

イルミネーションスポットを訪れたら、その美しい夜景を写真におさめたいところ。最近のスマートフォンはカメラ機能の性能が高くなっていますが、次の3つのポイントをおさえれば、より美しく撮影できます。

1:露出補正でよりきらびやかに
露出とは明るさのこと。ピントを合わせたい場所の画面をタップすると太陽のマークが表示されるので、指でドラッグして好みの明るさに露出補正しましょう。

2:構図を工夫して立体感をつくる
例えば、低い位置で目の前に広がるイルミネーションと奥に建つ建築を同時に抑える際は、しゃがんで低い位置からレンズを斜め上に向けて撮影すると立体感が生まれます。

3:ポートレートモードで背景をぼかす
人物を撮影する時に背景をぼかせるポートレートモードは、フォーカスしたいイルミネーションを撮影する際に使うと背景がぼけることでより際立ち、幻想的な写真になります。


行動制限がなくなった今年の冬は、家族みんなでイルミネーションドライブ楽しんではいかがでしょうか。



【関連記事】

ドライブのスペシャリストが厳選!忘れられない、秋の紅葉ルート
北陸・金沢へ。歴史と文化、美食を巡る冬のドライブ旅

Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2024 Winter

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。