Driving spots in Aichi春ドライブが楽しくなる
鞍ヶ池公園~トヨタ創業者・豊田喜一郎ゆかりの地を訪ねて

Travel

画像提供:トヨタ鞍ヶ池記念館

暖かな日射しとともに春の訪れを感じるこの時期は、心地よいドライブが満喫できるシーズン。家族とともに愛車ででかけ、美しく彩られる野山や活気づく街を駆ける時間は、暮らしにうるおいをもたらしてくれます。そこで、今春訪れたい愛知県豊田市の知られざるドライブスポットの魅力を紹介します。

春は爽快なドライブが楽しめるベストシーズン!

冬の寒さが終わりを告げ、うららかな陽気に心躍る春が訪れました。この時期のドライブは、自然のなかに若草が芽吹き多彩な花が可憐に色付きはじめる光景のなかで愛車を走らせる絶好のシーズン。美しくグラデーションを描く桜を眺めながら、颯爽と駆ける心地よさはこの季節にしか楽しめません。

エリアによっては凍結している道もあるのででかける前に確認を

心地よい春ドライブでおすすめしたいのは、ほかにはない体験を1日中楽しめるスポット。そこで提案させていただきたいのが、愛知県豊田市の市街地から鞍ヶ池(くらがいけ)公園にかけての一帯です。

豊かな自然からアートまで多彩に楽しめるスポット

このエリアは、心癒される豊かな自然から感性を刺激するアートスポット、スポーツの感動をダイナミックに体感できるスタジアムまで、多種多彩な施設が点在しています。

市街地のなかでおすすめしたいのが「豊田市美術館」です。“クルマのまち”豊田市の中心市街地を見晴らせる小高い丘の上に建つ美術館の建物は、世界的建築家・谷口吉生氏の代表作のひとつ。モスグリーンのスレートと乳白色のすりガラスが織りなす洗練された空間で、ゆったりアートに浸れます。

11室ある展示室は、19世紀後半からのアーツ・アンド・クラフツ運動、20世紀初頭の日本画などからなり、デザインを網羅するとともに、現代アートの意欲的な企画展も多数開催されます。

【関連リンク】
●豊田市美術館
https://www.museum.toyota.aichi.jp
アクセス:東名高速道路「豊田I.C」より車で約15分
駐車場:あり

市街地の東部に広がる「鞍ヶ池公園」は、鞍ヶ池を中心とした美しい自然に囲まれたファミリーパーク。愛知高原国定公園に指定されている約96ヘクタールの広大な敷地には、動物園や植物園、観光牧場、子どもが楽しめる遊具が豊富なプレイハウス、展望台など魅力的な施設があります。

さらにここ数年、生い茂る樹林を登って、渡って、鞍ヶ池を横断しながら滑り落ちる4つのジップラインコースやアウトドアブランド「スノーピーク」が運営するキャンプフィールド、レストラン、カフェなど、新しい施設もオープン。隣接する東海環状自動車道鞍ヶ池PA(内回り)からも利用できるなど、利便性も高まっています。

スノーピークのキャンプフィールド「PARKFIELD Snow Peak TOYOTA-KURAGAIKE」にある「MOBILE HOUSE"住箱"」

【関連リンク】
●鞍ヶ池公園
https://kuragaikepark.com
アクセス:東海環状自動車道「鞍ヶ池スマートI.C」より車で約3分
駐車場:あり

「トヨタ鞍ヶ池記念館」でモノづくりの情熱にふれる

鞍ヶ池公園に隣接している「トヨタ鞍ヶ池記念館」は、クルマ好きが訪れる隠れた名スポット。1974年にトヨタ車生産台数1000万台達成を記念して竣工されました。開館当時はトヨタの歴史を紹介する展示でしたが、1999年にはトヨタの歴史を紹介するだけでなく、豊田喜一郎とその仲間たちの挑戦を描くミュージアムにリニューアルされました。

画像提供:トヨタ鞍ヶ池記念館

トヨタ自動車の挑戦の歴史を追体験できる展示の数々

トヨタ創業展示室の館内は、トヨタ自動車のルーツである「織機」の展示から始まります。喜一郎の父であり、トヨタグループの始祖・豊田佐吉が生涯かけて発明した革新的な織機「豊田式汽力織機」、「無停止杼換(ひがえ)式豊田自動織機」には、「品質は工程で守る」というトヨタの生産方式の原点が宿されています。

画像提供:トヨタ鞍ヶ池記念館

続いて、喜一郎が誕生し幼少期から学生時代、紡織機の開発に携わるまでの変遷を紹介。そこから二度に渡る欧米視察を経て自動車事業に進出し、戦後復興からはじまる新時代における喜一郎と仲間たちの活動を約240点の写真で追うことができます。

中でも注目したいのは、1/30縮尺の精緻なジオラマ模型にラジオドラマ風の解説が流れる4つの「ラジオラマ」。喜一郎とその仲間たちが、数々の失敗を繰り返しながら悪戦苦闘の末、幾多の困難を乗り越えていった創業期の象徴的なシーンが再現され、モノづくりにかける熱いスピリットが感じられます。

画像提供:トヨタ鞍ヶ池記念館

さらに、1936年に発売されたトヨタ初の生産型乗用車「トヨダAA型乗用車」やトヨタ初の量産乗用車「トヨペットクラウン(RS型)」など、歴史的な車両展示も見逃せません。

画像提供:トヨタ鞍ヶ池記念館

敷地内には、1933年に喜一郎が名古屋市内に建てた「旧豊田喜一郎邸」が移築されています。名古屋建築界の第一人者、鈴木禎次氏の設計によるもので、和洋の伝統意匠が融合した当時の建物になっています。またトヨタ自動車が所有する貴重な絵画を常設展示する「鞍ヶ池アートサロン」なども見ものです。

旧 豊田喜一郎邸(左)と豊田喜一郎氏(右)
画像提供:トヨタ鞍ヶ池記念館

クルマ好きが楽しめるのは言わずもがな、心が動かされるトヨタの挑戦の軌跡にふれてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
トヨタ鞍ヶ池記念館
http://www.toyota.co.jp/jp/about_toyota/facility/kuragaike/

住所:愛知県豊田市池田町南250
電話番号:0565-88-8811
開館時間:9:30~17:00
入館料:無料
休館日:月曜日(但し、祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始等
アクセス:東海環状自動車道「鞍ヶ池スマートI.C」より車で約3分
駐車場:あり

【関連記事】

発明家「豊田佐吉」の物語。「世の中に役立つこと」を目指した創立の精神
トヨタ博物館の魅力とは?車両展示だけじゃない進化と歴史のミュージアム
トヨタ会館へ行ってみよう! 家族でもひとりでも楽しめる見どころ徹底ガイド

Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2024 Winter

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。