専門店がおすすめ初心者も安心! 専門店がおすすめするキャンプギアガイド

Lifestyle

「3密」を回避できるレジャーとして、改めて注目を集めるキャンプ。大自然の中で料理やたき火を楽しんだり、満天の星を眺めたりと、開放的な体験ができるのも魅力です。この秋は、道具を揃えて「ファミリーキャンプ」デビューをしてみませんか。登山・クライミング・アウトドア用品の総合専門店「好日山荘」に、機能美あふれる優秀ギアを教えてもらいました。

BBQ+たき火ができる
一石二鳥のたき火台が便利

キャンプのハイライトとなるBBQ。せっかくなら、BBQだけでなく、たき火もできるギアとして「たき火台」を手に入れて、荷物を減らしつつ楽しみを広げましょう。たき火は、キャンプファイヤー気分が味わえるのはもちろん、照明や暖房としても大活躍。なお、安全や環境への配慮から、地面での直火使用を禁止しているキャンプ場が多いため、たき火をするならたき火台が必須です。

ユニフレームの「ファイアグリル」や、UCOの「フラットパックグリル&ファイヤーピット」は、焼き網付でBBQにも対応するたき火台。炭火でグリル調理をした後、網を外してまきをくべ、たき火タイムにシフト……という使い方ができます。ちなみに、ユニフレームの「ファイアグリル」は、別売りの「FGポットハンガー」を組み合わせて、トップ画像のようにダッチオーブンをつるすこともできます。

いずれの商品も、組み立てやすさ、炭・まきのくべやすさ、燃焼効率のよさなどに優れ、キャンプビギナーでもスムーズに使いこなせます。

ユニフレーム
ファイアグリル 7,500円(税込み)

★好日山荘スタッフのおすすめポイント

「20kgの重量にも耐える安定性があり、BBQはもちろんダッチオーブン調理も可能。価格、機能、拡張性などのバランスに優れ、ファミリーキャンパーにとって最強のたき火台といえます」

UCO(ユーコ)
フラットパックグリル&ファイヤーピット 7,150円(税込み)

★好日山荘スタッフのおすすめポイント

「わずか30秒で組み立てられる折り畳み式のたき火台。コンパクトにBBQを楽しみたいファミリー層に大好評です。畳むと厚さ3.5cmになり、片手で楽に持ち運べます」

湯沸かしから本格調理まで
「カセットコンロ式バーナー」が活躍

キャンプ=火おこしのイメージですが、「コーヒーを淹れるお湯が欲しい」などのシチュエーションでは、すぐに点火できるバーナーがあると便利です。また、バーナーは火加減を自在にコントロールできるため、アウトドアでも本格クッキングが楽しめます。

バーナーの燃料は、主にガソリンとガスの2種類が主流です。ガソリン式は火力の安定感がメリットですが、使用前にポンピングと呼ばれる加圧作業が必要だったり、定期的なメンテナンスも欠かせなかったりなど、初心者にはハードルが高め。一方、ガス式は誰にでも扱いやすく、特にアウトドア仕様のカセットコンロなら、家庭と同じ感覚で気軽に使用できます。

スノーピークの「HOME & CAMP バーナー」は、その名の通り自宅でもキャンプでも使える卓上カセットコンロ。安定感のある五徳を備え、大きめの鍋を載せてもグラつきにくくなっています。ガスボンベを入れる筒の部分に五徳を収納でき、コンパクトに持ち運べるのもポイントです。

スノーピーク
HOME & CAMP バーナー(カーキ) 10,978円(税込み)

★好日山荘スタッフのおすすめポイント

「スノーピークらしい、スタイリッシュなデザインと機能性が大好評。ボディカラーもバーナーでは珍しい3色展開。カーキの他、シルバーとブラックがあります」

一度にたくさんの料理を作るなら、同時調理ができる2口タイプのバーナーを選ぶとよいでしょう。ユニフレームの「ツインバーナー US-1900」は、カセットコンロ式の2口バーナー。独自のパワーブースター構造により高火力を発揮し、さらにとろ火調理にも対応しており、料理の幅がぐんと広がります。畳むとアタッシュケース状になり、持ち運びしやすいのも魅力です。

ユニフレーム
ツインバーナー US-1900 22,500円(税込み)

★好日山荘スタッフのおすすめポイント

「2バーナーの定番モデル。価格とデザインの美しさ、機能性のバランスが◎。燃料にガスボンベを使用するので、ランニングコストにも優れています」

ファミリーキャンプのテントは
リビング一体の「ツールーム型」が快適

寝室の役目を果たすテントは、まず揃えたいキャンプギア。最近では、オーソドックスな「ドーム型」から、寝室+リビングが一体化した「ツールーム型」、とんがり屋根がお洒落な「ティピ型」、ポールの組み立てが不要な「エアフレーム型」まで、豊富な種類がラインナップしています。それぞれにメリットはありますが、ファミリーで快適に過ごすことを第一に考えると、ゆとりある「ツールーム型」が最適です。

「ツールーム型」は、リビングが一体化しているため、別途タープを立てなくて済むのが魅力。リビング部分にテーブル&チェアを置けば、プライベートな寛ぎスペースが即完成します。ここで食事をしたり、荷物置き場としても活用OK。コールマン「タフスクリーン2ルームハウス/MDX+」のように、リビング壁面が開閉式の網窓になっているタイプなら、虫の侵入や突然の風雨も回避できて安心です。

「ツールーム型」は、シンプルな「ドーム型」に比べて設営がやや複雑なので、できるだけカンタンに組み立てられるものを選ぶこともポイントです。

コールマン
タフスクリーン2ルームハウス/MDX+ 81,800円(税込み)

★好日山荘スタッフのおすすめポイント

「遮光性に優れた生地がテント内部の温度上昇を抑え、涼しく過ごせます。日中の暑さが残る今の時季、幼いお子さまのいるファミリーにはこんなテントが安心。立てやすさへの配慮もコールマンならではです」

ランタンは用途やシーンで
使い分けるのがおすすめ

キャンプの夜に欠かせないランタン。キャンプサイト全体を照らす場合、一般的に1,000ルーメン(75~80W相当)以上のランタンが適しているといわれます。光量の異なるものを複数用意し、メインランタン、テーブルランタン、寝室用といったように組み合わせると、より快適に過ごせるでしょう。

ランタンの種類は大きく分けて、ガソリンやガスなどを燃料とする「燃焼系ランタン」と、電池などのバッテリーで駆動する「LEDランタン」の2タイプがあります。
「燃焼系ランタン」のメリットは、明るさに優れていること。一方、「LEDランタン」は火を使わないため安全性が高く、幼いお子さまがいるファミリーにも安心です。

<LEDタイプ>

火を使わないLEDランタンは、寝室となるテント内での使用に最適。スイッチひとつでオン・オフできる手軽さも魅力です。ベアボーンズの「レイルロードランタンLED」は、まぶしすぎない200ルーメン。温かみのある暖色系の光に心がほっと和みます。戦前、北米の鉄道会社で使われていたランタンを模したデザインも味わいがあって素敵です。

ベアボーンズ
レイルロードランタンLED 9,680円(税込み)

★好日山荘スタッフのおすすめポイント

「最先端の大光量LEDではありませんが、レトロ感を打ち出したデザインが◎。エジソン球タイプのLED、気泡の入った風防ガラスなど、アンティークムードも十分です」

<灯油タイプ>

オレンジ色の炎が揺らめき、キャンプムードをぐっと盛り上げてくれる灯油ランタン。テーブルランタンとして穏やかな光を楽しむなら、フュアハンドの「ベイビースペシャル276」がおすすめです。タンクに灯油(またはスターパラフィンオイル)を注ぎ、風防ガラスを上げて着火するだけで、5Wの優しい光が灯ります。

フュアハンド
ベイビースペシャル276 6,600円(税込み)

★好日山荘スタッフのおすすめポイント

「ソロキャンパー御用達のランタンですが、キャンプらしい雰囲気が楽しめるので、ファミリーにも人気。星空の下でお酒を飲みながら静かに語り合うシーンにもぴったりです」

<ガソリンタイプ>

ガソリンタイプのランタンは、他を圧倒する明るさが自慢。「燃料を注いだ後にポンピングで圧力をかける」、「マントルを空焼きする」など、事前準備にひと手間かかりますが、その手間もまたキャンプの醍醐味のひとつです。コールマンの「ノーススター® チューブマントルランタン」は、最大230W相当の明るさを誇り、暗闇を照らすメインランタンとして活躍してくれます。

コールマン
ノーススター® チューブマントルランタン 24,800円(税込み)

★好日山荘スタッフのおすすめポイント

「ガソリンタイプの王道モデル。低温時や連続使用時も光量が落ちず、常に安定した明るさをキープしてくれます。ポンピングなどの事前準備も、慣れてしまえばカンタンです」

<ガスタイプ>

ガソリンタイプと同等の大光量でありながら、扱いやすいガスタイプのランタン。ユニフレームの「フォールディングガスランタンUL-X クリア」は、カセットボンベを使用するため、先にご紹介した「ツインバーナー」と燃料を共有することも可能です。マントルを空焼きして点灯すれば最大240W相当の明るさを誇り、サイト全体を照らすメインランタンとして十分に活用できます。

ユニフレーム
フォールディングガスランタンUL-X クリア 12,500円(税込み)

★好日山荘スタッフのおすすめポイント

「カセットボンベ押し込むだけでOKの機能的なデザインが魅力。同ブランドの『ツインバーナー』と燃料を共有すれば、ランニングコストも抑えられます」

商品に関するお問い合わせ

好日山荘 キャンピングリサーチ 西宮山口店

https://www.kojitusanso.jp/shop/kinki/camp_nishinomiya/

※状況によって店舗に商品がない場合もございます。あらかじめご了承ください。

Recommend

Harmony Digital Magazine Vol.01 / 2020.08 特集「アウトドア」

2021 Summer

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。