プリウスが市販車ベースでレース初参戦!! トヨタがタイ10時間レースに投入でカーボンニュートラルを追求……今後のGRMNにも期待しちゃう!? 文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタ、ベストカーWeb編集部

Car

プリウスのGRMNだってあるかもしれない!? ぜひ実現してほしい(画像はベストカーが制作した予想CG)

トヨタがタイ10時間レースにプリウスを投入することを発表した。カーボンニュートラルを追求するためにCNF燃料を使用した参戦となるが、なぜこの時期にプリウスなのか。そこから大きなテーマが見えてきたぞ。

プリウスが市販車ベースで初めてレースに参戦

GR86などで精力的に耐久レースに参戦するトヨタ。音の出るレーシングカーを守りたい!!

トヨタがルーキーレーシングを通じてスーパー耐久などに精力的に参戦しているのはクルマ好きならご存じだろう。水素エンジンを搭載したカローラやCNF(カーボンニュートラル燃料)を使うGR86など、本当の意味でのカーボンニュートラルを目指した取り組みをしている。

水素エンジンカローラの存在も大きい。カーボンニュートラルはBEVだけじゃない

そんなトヨタがなんと現行型プリウスをレーシングカーに仕立ててレースに投入するという発表があった。
プレスリリースによればプリウスをトヨタとしてレースに投入するのは初とのこと。過去にはレクサスGSハイブリッドでの十勝24時間レース投入などはあったが、ハイブリッドの市販車をベースにした参戦は大きなニュースだろう。
写真こそ公開されなかったがボディカラーはルーキーレーシングカラーとなるのはほぼ間違いなさそうだ。

■「スポーツ走行に適した技術を投入」

トヨタがル・マンで展示したPrius 24h Le Mans Centennial GR Edition

今回のプレスリリースには気になる文言が躍っている。
「今回はプリウスにスポーツ走行に適した技術を投入し、走りの魅力と燃費性能を両立したHEV技術を鍛えていきます」。

モリゾウさんが率いるルーキーレーシングだけに、単純にプリウスを走らせましただけでは終わらないはず。プレスリリースにこの言葉を入れるとなるとやっぱりGRプリウスなんかをイメージしちゃうが、そこらへんは今後の展開を見守りたい。

プリウスといえば100周年大会を迎えた2023年のル・マンで「Prius 24h Le Mans Centennial GR Edition」を展示ししてる。このことからも分かるようにトヨタはプリウスをカーボンニュートラルのひとつの選択肢として重要視している。

もちろんハイブリッド車のパイオニアとして、そしてエコカーが乗っても楽しい要素を含むモデルとして存在すること。そのあたりがプリウスの存在感となっているはず。

ということで、今回の耐久レース参戦もきっと今回限りで終了ではなく今後の展開も大いにありそうだ。GRプリウス、ぜひ!!!

【関連記事】

TOYOTA GAZOO Racing、2024年のWRC・WECの活動体制を発表
富士スピードウェイを満喫! WECから始める国際レースの楽しみ方
ひと目惚れするハイブリッド。PRIUS
新型プリウスPHEVはGR86並の走り!? 常識破りの実力がスゴすぎた
新型「プリウス」(PHEV)を発売-ハイパフォーマンスな走りと磨きをかけた環境性能で、日常のドライブをよりエモーショナルに彩る愛車へ-

Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2024 Winter

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。