生まれ変わったプリウスが売れている!! やはりクルマに必要なのは「愛」…なの…か? 文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタ、ベストカーWeb編集部

Car

トヨタ「プリウス」が絶好調だ。2023年1月にフルモデルチェンジをうけ、これまでのどこか野暮ったいイメージから、かっこよく生まれ変わった現行型プリウス。2022年の販売は、年間約32,000台まで減少し、登録車ランキングでもTOP10圏外となっていたが、新型に切り替わった2023年は、その約3倍となる99,000台にまで回復。(2023年は)材料不足の影響が残っていたことを考えれば、今年2024年は、年間10万台超えは達成確実だろう。
「愛車」として愛されるクルマに、を目指した新型プリウス。なにがこれほど評価されているのだろうか。

「燃費のいい実用車」から「かっこいいクルマ」へと生まれ変わった

世界初の量産ハイブリッド専用車として、1997年に初代モデルが登場したトヨタ「プリウス」。以降、先代モデルとなる4代目までは、とにかく燃費がよく、クルマのサイズや車内広さもちょうどいい、実用的なクルマとしてユーザーに支持されてきた。

しかしながら昨今は、コンパクトカーからミニバンまで、多くのモデルにハイブリッドモデルが設定されてきていることで、「プリウスでなければならない理由」が薄れてきており、トヨタとしても、一時期は先代プリウスをもって廃止する、といった論議もしていたという。

ただトヨタは、プリウスがこれからの時代もユーザーに選んでもらえるよう、「Hybrid Reborn」をコンセプトに、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を兼ね備えるエモーショナルなクルマとして生まれ変わらせることを選択。それまでの5ドアハッチセダンのコンセプトを大きく変更して、大きく寝かせたAピラーや、低められた全高、ハンマーヘッド風のフロント周りなど、スタイリッシュなスポーツクーペにもみえるようなデザインとなったほか、過去最大の19インチ大径タイヤホイールを装着したことで、感性に響くエモーショナルなデザインへと進化。街中でみかけると、思わず目がいってしまうほど、「かっこいいクルマ」へと生まれ変わった。

大きく寝かせたAピラーや、低められた全高、ハンマーヘッド風のフロント周りなど、スタイリッシュなスポーツクーペにも見える。過去イチカッコいいプリウスだ
大きく傾斜したリアウインドウは、これまでのプリウスの面影が残っている

インテリアもまっとうに もちろん燃費のよさはトップクラス

先代までのどことなく浮ついていたインテリアも、先進性こそ薄れたものの、現代風のまっとうなデザインとなった。以前はインパネにあった電制シフターをセンターコンソールへと移動し、新型クラウンとも似た、小型のシフトノブ形状に変更したほか、12.3インチの大型センターディスプレイを装備し(2.0L車のみ)、7インチのTFTメーターはステアリングホイールの奥へと移動。TFTメーターは、表示項目が少ないため若干さみしいようにも感じるが、視線移動が減るので有効だ。なにより、シンプルで清潔感のあるインテリアは、先代プリウスのインテリアが散らかって見えるほど、洗練されている。

そしてもちろん、ハイブリッド車の代名詞「プリウス」として、トップクラスの燃費のよさも兼ね備える。ガソリンタンク容量はわずか43L、カタログ燃費はWLTCモードで32.6km/L(E-Fourは30.7km/L)。実燃費を0.7掛けの22.8km/Lと仮置きしても、1度の給油で900km以上も走行可能ということになる。19インチタイヤのZやGグレードだとWLTCモード燃費は28.6km/Lとやや落ちるが、それでも素晴らしい燃費だ。燃料はもちろんレギュラーガソリンでOK。この経済性は、日本人には大いに響くに違いない。

走りについても、TNGAのGA-Cプラットフォームの出来が優秀で、質感高く素晴らしい。先代までが大切にしてきた高い環境性能をさらに高めたうえで、かっこいいデザインと高い走行性能を与えられたことで、より多くの人に愛されるクルマになった、これが、現行プリウスが売れている理由なのだろう。

先代プリウスと比べて、先進性こそ薄れたが、一気に現代風のまっとうなデザインとなった新型プリウスのインテリア

やはりクルマに必要なのは「愛」だったのか!??

「プリウス」というブランドをこれからの時代にも残していく手立てとして、「愛されるクルマ」を狙ったトヨタ。やはり、いつの時代もクルマに必要なのは「愛」ということなのだろうか。

今後も「プリウス」というクルマのイメージを保つためには、プリウスが最先端技術の頭出しのモデルでありつづけることがベストだと思う。プリウスが今後どういった姿で進んでいくのか、大いに期待したい!!

「プリウス」というブランドをこれからの時代にも残していく手立てとして、「愛されるクルマ」を狙ったトヨタ。やはり、いつの時代もクルマに必要なのは「愛」なのか??


【関連記事】

プリウスが市販車ベースでレース初参戦!! トヨタがタイ10時間レースに投入でカーボンニュートラルを追求……今後のGRMNにも期待しちゃう!?
トヨタ 新型プリウスの運転支援をご紹介
ひと目惚れするハイブリッド。
新型プリウスPHEVはGR86並の走り!? 常識破りの実力がスゴすぎた
新型「プリウス」(PHEV)を発売-ハイパフォーマンスな走りと磨きをかけた環境性能で、日常のドライブをよりエモーショナルに彩る愛車へ-

【関連記事】

ひと目惚れするハイブリッド。



Access to Harmony Digital アクセス方法

MYページから、デジタルブック全文や、
TS CUBIC CARDゴールド会員さま、有料購読者さま限定コンテンツをご覧いただけます。

TS CUBIC CARD TS CUBIC CARD ゴールド個人会員さまMY TS3 ログインはこちら

※本サービスのご利用は、個人ゴールド会員さまとなります。
※一部対象外のカードがございます。

TS CUBIC CARD ゴールド法人会員さま有料購読会員さまENEOSカードPゴールド会員さまの認証はこちら

MY TS CUBICにログイン後、トップページの「あなたへのおすすめ」エリアに掲載されている
「Harmony DIGITAL」バナーをクリックしてください。

※バナーイメージ

2024 Spring

アクティブな毎日、ゆとりと調和のある生活に役立つクオリティマガジン「Harmonyデジタルブック」をお届けします。