Harmony 2017年9/10月号
バラエティ自動車ジャーナリスト 小沢コージの

「ヴィッツ」 ここがポイント!

いよいよ熾烈なトヨタ社内コンパクトカーバトルが始まった。待望のハイブリッドモデルが
追加されたマイナーチェンジ版「ヴィッツ」が登場したからだ。

小沢が買うなら「アクア」より「ヴィッツ」でしょ!

本文を読む

いよいよ熾烈なトヨタ社内コンパクトカーバトルが始まった。待望のハイブリッドモデルが追加されたマイナーチェンジ版「ヴィッツ」が登場したからだ。

そもそもプラットフォームを「アクア」と共有しており、今回導入されたパワートレインも、すでに「アクア」で評判のよい1.5Lハイブリッドシステム。100PSのシステム出力こそ「アクア」と同じだが、エンジン内部の低フリクション化や吸気システム、パワーコントロールユニットの制御見直しで効率化。パワーを落とさず34.4km/Lの最良モード燃費を実現している。

実際に乗ってみると、「アクア」よりも若干力強いかな......?は気のせいとしても、大抵のケースで「アクア」並みに無音でEV走行が始まるからすごい。

走りとスペースは、確実に「アクア」より上。なにしろマイナーチェンジ版「ヴィッツ」は、サスペンションダンパーを乗り心地重視タイプに変えただけでなく、ボデー剛性も強化。それもスポット溶接増し打ちや、インストルメントパネル周りの鉄板板厚アップという地道な改良が施されている。

その効果は走り出した瞬間から伝わってきて、直進時のステアリングフィールがよりクッキリしただけでなく、滑らかさもアップ。当然、乗り心地もよくなっていて、特に小沢的には15インチのアルミホイール仕様がナイスフィーリング。

先進安全面もトヨタの最新衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を備えただけでなく(グレードによりオプション)、「ヒルスタートアシストコントロール」を全車標準装備。

フロントマスクとリアデザインがハデになったとはいえ、「ヴィッツ」は「ヴィッツ」。「アクア」ほどのハイブリッド感はないかもしれない。だが、クルマとしての質感ならコッチでしょ!

ヴィッツの詳しい情報・お問い合わせは、toyota.jp へ。

動画試乗レポート:バックナンバー

「C-HR」ここがポイント!

「コースター」ここがポイント!

「86」ここがポイント!

「エスティマ」ここがポイント!

おざわ こーじ◎バラエティ自動車ジャーナリスト。
1966年神奈川県横浜市生まれ。大学卒業後、某自動車メーカーに就職するも半年後に退職。「NAVI」編集部を経て、フリーに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。著書に『ドライブ上達読本』『クルマ界のすごい12人』など多数。